OCEAN & SKY

OCEAN & SKY(オーシャンアンドスカイ)は三浦半島を中心にシーカヤックツアーを実施しております。

TEL.080-5052-1499

〒238-0112 神奈川県三浦市初声町三戸1113-2

ツアー

海も良い&天気も良い♪

11月11日(日)

考えてみたら、もう11月なんですねー(^^ゞ
2018年も残り2か月もないですから、1日1日を大事にして行きたいですね。
今日は海も天気も良さそうな感じですから、なおのことです☆
お越しいただいたのは、久々の20代でシーカヤック初体験コンビ、なおやさん&こんちゃん(^^ゞ
そして久々に現れた50代は、ヨネさん&りゅうさん(笑)!
シーカヤックやる上で年齢は関係ないんですが、会社でもグループでも何でも年齢層が幅広いと、とっても活気があったりして楽しいもんですよねー(^^ゞ

では、出発です♪

出だしこそ、シーカヤック初めてのなおやさん&こんちゃんは、

少々苦戦していましたが、途中から覚醒したのか、前を漕ぐヨネさんを煽るように漕ぎ出しました(^^ゞ

長浜を越えて、栗谷浜漁港のかねしち丸水産さんでいつものように食材をGET!
ランチタイムに向けて楽しくなります♪
筏を組むように集合写真☆

いつものイソギンチャクの浜に向けて漕いでいると、海の底が透き通って歓声が上がりました(^^ゞ

今日は、海も良い&天気も良い☆
到着後はランチタイムです。

なおやさんとこんちゃんは、「ホントにご飯炊けるんですかー?」と興味津々の様子でした。
持って来たお米・水・鍋・ガスバーナーでご飯を炊き、かねしち丸さんで購入した生シラス・釜揚げシラス・タコのスライスをのせて、
出来上がり♪

いっただきまーす!
「美味い!」
「初めて食べた!」
「久しぶりに食べた!」

などと、みんなで楽しく、美味しくいただきました(笑)。
食後にお茶を飲み、のんびりしていると、なおやさんとりゅうさんはクルマの話で盛り上がっていると、ヨネさんは「眠くなって来た」とのこと(^^ゞ
青い空・青い海、そして美味しいものを食べちゃうと、うとうとしたくなっちゃいますよねー(笑)。
じゃあ日も傾いて来たので、そろそろ行きますか?

帰りも、

5人で和気あいあいとしゃべりながら、

秋の陽射しを身体いっぱいに浴びつつ、

三戸浜へ

漕いで帰って来ました♪

シャワーを浴びた後は、かんぱ~い!

なおやさん&こんちゃん、初めてのシーカヤックはいかがでしたかー?
今度は職場のみなさんとレクリエーション的な感じでいらしてくださいねー♪
今日も良い1日でした♪

俺たちの漕ぎ=超緊急企画!三浦半島ロングツーリング

11月3日(土)

今日は「超緊急企画!三浦半島ロングツアー♪」です(^^ゞ
お越しいただいたのは、SaiさんとKaitenMaruさん。
南下浦から宮川湾を漕ぐ予定でした。
がしか~し!南下浦に行ってみると、北東の風が強く吹き付けて至る所に白波が立ち、その海面をありえないスピードで飛んでいくウインドサーフィンの姿を見て、ルート変更(笑)。
宮川⇔剱埼灯台へと変更しました。

漕ぎ出すと、やはり北東の風が吹き付けて来ます(^^ゞ

なので、岸ベタを徹底的に漕ぐルートで進みます。
このあたりのルートは、ややもすると、ショートカットしてしまったりしますが、岸ベタでじっくり漕ぐと、新しい発見があって楽しいし、エスケープポイントなどの確認も出来ます。、
実際、Saiさんも、KaitenMaruさんも、伊豆半島に似た断崖を眺めつつ、

「迫力ありますよね~」
「あそこの岩なんて、なんであんなふうに斜めになっているのか・・・?」
「『ブラタモ』に出そうなエリアですよねー」
と、見とれている感じでした。

その後、

毘沙門・東風崎で一旦休憩し、横瀬島へ。

今日は上陸することが出来ました(^^ゞ

「あ~、こうなっているんですねー」
「月面とか宇宙っぽい感じの地層ですねー」
「宇宙っぽいのは、KaitenMaruさんのウェアですよ(笑)!」
グリーンランドスタイルのKaitenMaruさんのウェアは、それっぽい(笑)。

三度漕ぎ出し、松輪港を通過。
気のせいか北東の風が和らいできた。

さらに岸ベタを進み、剱埼灯台へ。


さー、ここで問題です(^^ゞ
剱埼灯台と書いて何と読む????
正解は「つるぎさきとうだい」です!!!!

漢字も「剱崎」ではなく「剱埼」が正解なんですねー(^^ゞ
というわけで、今日のこのブログも「剱埼」で統一しましたー!
でも付近にある小学校で「剣崎小学校」がありますが、こちらは「けんざきしょうがっこう」と読むそうです。
なんだかややこしいですねー(^^ゞ
これ、もし「三浦半島地名試験」などがあると、大変ですねー(笑)。

そんな話で盛り上がっていると、Saiさんが「ここはちょっと思い出深いところなんですよー」と言いました(笑)。実はボクにとってもここは思い出深い場所(色恋です、笑)。
そんな話からなぜか女優の藤谷美和子の話でさらに盛り上がる(^^ゞ
Saiさん「ポスターとか壁に貼っていましたよ!」
ボク「あっ、ボクも!『明星』とか『平凡』とか切り抜いて!」
一同「懐かしい!」
KaitenMaruさん「私は『週刊プレイボーイ』を買う係りでした!」
Saiさん&ボク「なんですか、それ!?」
と、意外なオチで終わりました(笑)。

そんなわけで、藤谷美和子⇒ゆうひヶ丘の総理大臣⇒中村雅俊⇒俺たちの旅、そしてこのツアーブログのタイトル「俺たちの漕ぎ」になったわけです(命名者はKaitenMaruさん、笑)。

余談ですが、ボクは「俺たちの旅」はリアルタイムで見ていません(^^ゞ
背伸びして見たのはこちらの方です(笑、あまり変わらないかなー)。

こういう話で盛り上がりつつも、灯台付近から岸ベタで漕いで来たルートを確認しました(^^ゞ
海と陸を知っておくと、楽しさが広がりますし、何かあったときのエスケープも確認できますからねー。
浜に下りてきて、宮川方向へ。
だいぶおなかが減って来たので、松輪港のお食事処「松輪」へ行ったものの、土曜日とあってむちゃ混み(泣)。
海水で濡れているし、空いていたテラス席に座り、港に帰って来る乗合の釣り船を眺めつつ、
「意外にこうやって間近で動力船を見ることってないですよねー」
「結構デカいですよねー」
「こういった船の操舵席からはシーカヤックなんて見えないでしょうね」
なんて話していました。すると、店員さんから受付をしていないことを指摘され、入口へ行ってみました。
な、な、なんと!沢山の人々が待っていることが判明し、店員さんにお詫びをして退出(^^ゞ
ならば、出艇した宮川にある「まるよし食堂」さんへ電話。「今日は17時ごろまで営業していますよ」とのことだったので、腹ペコのまま我慢して宮川へ戻ることにしました。
松輪から漕ぎ出すと、今日はお昼ごろまで冷たい北風がずっと吹いていて曇っていましたが、

ようやく陽射しが差し込んで来ました。
「風が止んで、ようやく晴れて来ましたねー」
「少し暑くなってきましたねー」
「なんか海がきらきらして来ていい感じですね~」
で、思い浮かぶのはこの歌でしょうか(笑)?

あまりこういう懐メロばっかり流していると、若い人からドン引きされてしまいますねー、スミマセン(^^ゞ
宮川に到着し、まるよし食堂さんへ。

三人とも腹ペコだったこともあり、あっという間に平らげちゃいました。

今日は予定よりだいぶ短いルートになってしまいましたが、お二人とも
「岸ベタで漕げたから細かい部分も分かったし、良かったですよ」
「個人的には今日で三浦半島南部の未開ルートが繋がったし、あんなに松輪港が船が多いなんて思わなかった」
との声が聞かれたので、ホッとしました。
今日も良い1日でした♪

「外遊び」でリフレッシュ♪

11月2日(金)

今日のゲストは、ボクがサラリーマンをしていたときの同僚・かばやん(^^ゞ

かばやんは、2000年の秋、ボクが二度目の転職で入社した会社(大卒後三社目、結果的には開業前まで務めた会社)に、いた。
研修期間中の最初の営業同行は、かばやんだった(多分、本人は忘れているだろう、笑)。同行中に話を伺うと、同い年で、同じように一年浪人して大学に入学後、同じ年に社会人になったことが判明。
その後、同じ部署で苦楽を共にした。
別々の部署になっても、協力関係は続いた。まさに同じ釜の飯を食った仲間。
ボクが開業後に、かばやんは他の会社に転職した。
その一方で、いわゆる脱サラしたボクのことを気遣ってくれたのか、奥さんと子供とツアーに参加してくれたり、はたまた一人でフラッと現れてツアーに参加してくれたこともあった。
今年の夏にも、近くまで来たからと言って立ち寄ってくれて、リニューアルしたオーシャンアンドスカイを見てびっくりしていた(笑)。

ボク「そっかー、前回ツアーに来てくれたのは、2016年だったもんねー。実はあのとき、工務店さんの工場ではもう着工していたんだよー」
かばやん「ずるいなー、なんで言ってくれなかったんだよー!」
などと言いながら漕いでいるけど、今日は天気も、そして海のコンディションも良過ぎて、パドリングジャケットの下は大汗をかいている(^^ゞ

長浜沖の向かい風の中を漕ぎ進み、ランチの食材を買いに、栗谷浜港のかねしち丸水産さんへ。今日は生シラスもある(^^ゞ
かばやん「追加料金払うから、三色丼&イワシのつみれ汁を頼む!」
ボク「おいおい、ウチはカヤック屋だぞ!」
などと言いつつも、かばやんからのプレッシャー&食欲に勝てず、購入(笑)。
いつもの浜に到着。
すると、かばやん「ちょっと写真撮ってくれ」とのこと。

撮っていると「今度はこっちの角度で」「あっ、岩場に立つから、そっちから撮って」などなど注文が多い(^^ゞ

ようやく「かばやん写真集」から解放されてランチ。
シーカヤックの荷物室に詰んで持って来た、鍋・バーナー・お米・水でご飯を炊き、イワシのつみれ汁も作っちゃいました☆

「美味い!」「青空の下で食べるご飯、サイコー!」などと二人であーだこーだと叫びながら食べていました(^^ゞ
食後のお茶を飲んでいるときに、かばやんに「今日は有休なのか?」と尋ねると、かばやんの会社は有休の他に、有休とは別に期間限定で休まなければいけない休みがあるそうだ。やはり世は「働き方改革」「ワーク&ライフバランス」だ(^^ゞ
「昔じゃありえねーよなー」「飲み会なんかないしさー」「昔あった〇〇〇とかってどうなの?」「今もうほとんどないよー」「マジで~????」などと、転職したけど同業種にいるかばやんが、かつてボク達が働いていた頃の話との比較が出来て、なおかつ色々教えてくれて盛り上がる。
私事で恐縮だが、自営業者で、しかも海を相手にシーカヤックを生業としているボクが今イチバン恐いのは、社会から隔離されていないかどうか、なのです(^^ゞ
好きで選んだ道と言えども、別に「仙人」みたいに秘境で暮らしているわけではないし、テレビニュースはもちろん見ているけど、「脱サラ後のサラリーマン社会ってどうなの?」と、分からないから少し不安になるんです(苦笑)。
ボクがサラリーマンで働いていたときの同僚で、転職しても同業種にいるかばやんがこうやって来てくれて色んな話をしてくれると、何て言うのか、自分は社会からズレていないかどうかの「確認作業」が出来るので、とっても助かる(^^ゞ
それを伝えると、「じゃあ講師料払ってもらわないと・・・」などとほざく(笑)。
(だからではないが、なぜか怒り顔でスミマセン、笑)

ボクは49歳、かばやんも数週間で49歳になる。
今の世の中では、この世代はバブル世代と呼ばれて、疎んじられるそうだ。
でも、この年代は馬車馬のように朝駆け夜駆けで働いて来たし、老け込む年でもない、とボクは思う(^^ゞ
まだまだ背中丸めないで、海遊び・外遊びして英気を養って、明日からシャンとして出社して欲しい。
(別にかばやんがそうだって、言っているわけではありません、笑)

「それにしても今日は天気も海もコンディション良過ぎだなー」
「オレが来たからだ」
などと言いつつ漕ぎ出して、

三戸浜に到着すると、

ボクとかばやんには似合わないような感じで、海がきらきら輝いていました☆

かばやん、今日はありがとう!
気に入った画像はあったかなー(笑)?
また待っているよ(^^ゞ
今日も良い1日でした♪

昼はシーカヤック、夜は三崎港で美味しいものを食べる⇒正しい三浦の遊び方

10月28日(日)

本来、10月27日(土)~10月28日(日)はキャンプツーリングの予定でした。
が、またもや南の方で悪さする「台風」というヤツの影響なのか、海は大荒れのため中止(泣)!
特に土曜日は大荒れ。
「どれだけ泣かすんじゃー!」と泣き叫んでみたところで、変わりません(^^ゞ
日曜日は風はおさまりそうでしたので、通常の1DAYツアーに切り替えて開催となりました。
お越しいただいたのは、下町の頭(かしら)こと、まさあきさん(笑)。
まさあきさんにとって1ヶ月ぶりの漕ぎは、台風のうねりの中でのスタートとなりました(^^ゞ

「波乗り」的な感じで漕ぎ進み、油壷湾へ。
もうすぐ取り壊されてしまう東大の研究所を眺めに来ました。

なかなか風情があっていいんですけどねー、取り壊されてしまうのは残念です。
その後、マリーナまで行き、来年のお花見ツアーの下見(笑)。
来年のお花見ツアーのときは、また葉山牛ローストビーフサンドイッチをやりますからねー。そのときは、男性女性問わずいらしていただきたいですねー♪

そんな話をしつつマリーナで漂っていると、まさあきさんが、
「こうやってヨットやクルーザーとかが係留されていると、都会の海って感じがする」と仰っていました(^^ゞ
そうですかー?と言いつつ、もうひとつの入江に入ると、

「ほら、こっちにもいっぱいある」と驚いていらっしゃいました(笑)。

その後、湾の外に出て荒波を交わしつつ諸磯に到着。

沖縄そばを平らげた頃には海が少し落ち着いて来ました。
しかも晴れて来ました(^^ゞ
確か、まさあきさんシュノーケリングマスクをハッチに入れてたよなー(笑)。
「まさあきさん、潜っちゃう?」
「えっ?行っちゃいます?」
と言いつつ、もうあと何日かで11月だけど海の中へGO!!!!

しかし、まだ海の中はザワついていたので、カラフルなお魚を上手く撮ることができず、

早々に陸に退散(笑)。
だいぶうねりはおさまって来ていたんですけどねー、残念(^^ゞ
さー、荷物をハッチに積み込み、

三戸浜へ。

晴れているだけに、なんか悔しいです(^^ゞ
クラブハウスに着き、シャワーを浴びて身支度を整えると、かんぱ~い!!!!

ボクも珍しくビールを飲んじゃいました(^^ゞ
その後、タクシーとバスを乗り継ぎ、まさあきさんを三崎港へご案内。
三崎港と言えば、海舟さん(^^ゞ
かれこれ25年のお付き合いになります。

数々の美味しい料理舌鼓を打ちましたが、中でもまさあきさんが美味しくてびっくりしていたのが、「まぐろのちあいのステーキ」。

生臭さが全くなくって、お肉を食べているような食感です(^^ゞ
いやー、ホントいつ食べても美味しい♪

シーカヤックを漕いで、シュノーケリングまでして、夜は三崎港で美味しいものに舌鼓を打つ・・・。
そしてバスが来るまで夜の商店街をナイトパドリング(^^ゞ
これが正しい三浦の過ごし方です(笑)!
まさあきさん、今日はどうもありがとうございます♪
前々からまさあきさんと一杯飲みたいな~、と思っていたので、今日は本当に良かったです(^^ゞ
今日も良い1日でした♪

有休届出しましょう!海遊び、まだまだ行けます♪

10月25日(木)

「会社休んで行きます!」と元気な声でご予約いただいてお越しになったのはあきさーん♪
あきさんは、これまで2回ほどツアーにいらっしゃいました。
が、1回目は今にも雨が降り出しそうな天気、2回目は台風の影響でうねりがあるときでした(^^ゞ
三度目の今回は・・・、
やったねー(^_^)v

思いっきりの晴れ&海穏やかな、最高のコンディション✨

今日のあきさんは、すこーし長い距離を漕いでみたい、とのこと。
ってなわけで、まずは北上して黒崎の鼻へGO!!!!
到着後、崖を登り、てっぺんへ。

あきさん一人だけの画像は寂しいのでボクも入っちゃいましたが、撮った画像を二人で見てみて、
「顔が小さいあきさんと並ぶと、よりボクの顔がデカく見えるー」
「遠近法(笑)」
と、大笑いしていました(^^ゞ
さああきさん、一気に諸磯まで漕いで行っちゃいましょうねー。
と漕ぎ出すと、碧い海と空がドーンとボク達を待ち構えているような感じでした(^^ゞ

あきさんの過去2回は夏場の土日で、砂浜は人だらけ、海の上も動力船やジェットスキーだらけだったので、
「これが『大海原貸切状態』なんですねー」とのこと(笑)。
そう!これが平日ならではの、大海原貸切状態で~す!

諸磯に到着し、

ランチタイム。
今日の諸磯は人が2~3人くらいしかおらず、浜も貸切状態でした(^^ゞ

ランチを食べ終えて、復路は

まず小網代へ。

途中、荒井浜付近に差し掛かると、海の底までキレイに透き通って見えました✨

そして、小網代湾へ。
マリーナを抜けると、

そこはまるで森に囲まれた湖のような景色ですが、干潟です(^^ゞ

あきさんも「『海』とは思えないし、三浦にこんなとこあるんだー」と驚いているご様子でした☆
その後もあきさんは、

初めて漕いだときよりも2回目、2回目より3回目という感じで、漕ぎがとっても滑らかで、いい感じでした♪

秋の穏やかで包み込まれるような陽射しの中、あーだこーだと楽しくしゃべりながら漕いで、三戸浜に到着(^^ゞ

あきさーん、お疲れ様です♪
今日はお仕事休んだ甲斐がありましたねー(^^ゞ
なんだかんだで今日は9キロも漕いじゃいましたよー(笑)。
今度はこの続きをやりましょうね♪
またのお越しをお待ちしています!
今日も良い1日でした♪

思い立ったときがその時です♪

10月24日(水)

予約のお電話で、
「シーカヤック、やったことないんです。初めてなんです。5✕才ですけど、大丈夫ですか?シーカヤック、やってみたいんです」
と仰ったのは、たまさん♪
初めての方でも大丈夫ですよー。
というか、お越しいただくお客様の多くは、初めての方です(^^ゞ
年齢?お気になさらず、全然問題ありません(笑)。
たまさん、なんと今日はお仕事を休んでお見えになったそうです(^^ゞ
こういう話を伺うと、とーーっても嬉しくなります♪
興味を持って、思い立った時がその時です。
よく「いつかやってみよう」と思っても、なかなか行動に移せないってありますよね?
ボクも友達をはじめ色んな方から「暖かくなったらシーカヤック行くからね。その時はよろしく」と言われるものの、この言葉を言った人は何年経っても来ない(^^ゞ
なので、たまさんのように思い立っていらっしゃった方は、しかもお仕事を休んでいらっしゃったなんて、とっても嬉しいです。

さー、しゅっぱつです!

まずは黒崎の鼻へGO!!!!

たまさん、向かい風の中でもしっかり漕ぎ進みます。
が、到着したときは、緊張感から解き放たれたような感じで、ホッとされていました(笑)。

いつものようにてっぺんへ。
はい、ポーズ♪

再度漕ぎ出すと、土日は様々なマリンスポーツで賑わっている三浦半島南部の海も、平日ということもあり、ボク達だけのためにあるような大海原が広がっています。

さー、ご唱和ください(^^ゞ
大海原貸切状態✨
お腹も減って来たので、早めにランチタイム。
えびか浜でいつもの沖縄そばを平らげて、小網代へ。

マリーナを抜けると、


まるで湖のような森に囲まれた干潟に、たまさんもびっくり!

三浦半島の魅力ある海岸線の景色を堪能されていました。
そして元来たルートを辿るように、

三戸浜へ。

たまさん、今日はありがとうございます♪
初めてのシーカヤック、いかがでしたかー?
今度は灯台巡りをしましょうか(笑)?
またのお越しをお待ちしています!
今日も良い1日でした♪

仲間っていいなぁ~♪

10月21日(日)

本日はありがたいことに貸切です(^^ゞ
お越しいただいたのは、当方の艇庫会員のみどりの葉っぱさんが所属しているリバーカヤックのお仲間を連れてお見えになりました♪
メンバーは、あらい御大、やすさん、すすむさん、大滝さん&あきさん、おざわさん☆
そしてサポートに、つなしまクン(^^ゞ
久々に朝からスカッと晴れていました☀
ところが、出発すると、

北風がぴゅーっと抜け始めました。

週末は川の激流をものともせず漕ぎ出すみなさんも、

出だしからなかなかハードか(笑)!?
こちらもカメラで撮影するのもひと苦労(^^ゞ
ひとまず黒崎の鼻で、一旦休憩。
「手強いねー」
「(長浜の沖合で)ヨットが転覆している!?」
「(風を受けて)白波が・・・」
ということで、通称・片平なぎ〇ポイントの崖にご案内。

集合写真☆

するとどなたかが、
「確かに2時間ワイドとかで登場しそうな場所だねー」
「あっ、危ない!とか言って・・・」
「そうそう!」
「じゃあ誰か下まで降りて行って再現しよう(笑)!」
ってなわけで、やってもらいました(^^ゞ

すると、途中まで下りて行ったつなしまクンが、上でその様子をカメラにおさめているみんなに向かって、
「崖がえぐれていますよ!先端に立つのはヤバいですよ!」
とのこと。
確かに・・・(^^ゞ

それにしても、メンバーの皆さん、ノリがいいというか、いつもながら笑いに包まれています(笑)。
その後、風が止まないので、ならば向きを追い風に任せて、えびか浜へ。

気を取り直してのランチは、生シラス・釜揚げシラス・地だこのスライス丼、イワシのつみれ汁✨
黄金のメニューです(^^ゞ

購入したかねしち丸水産さんのお話だと、このところのシラス漁は不漁続きだそうなので、今日は本当にラッキーです♪
「貴重なシラスだから味わって食べましょう!」
「これが食べたかった!」
「う、うまい!」
「獲れたてですもんねー」
などと言っている間に完食!
ツアーランチのシラス丼は、海のコンディション&シラス漁次第で食べられるかもしれませんよー(笑)。
(ツアー料金に追加料金が発生する場合あり)
食後のコーヒーを飲み終えて、出発。
まずは集合写真☆

さすが息の合ったところを見せてくれました♪
さー、出発です。

小網代へ行こうと思いましたが、

まだ時折ぴゅーっと風が吹くので、

近場を

見て回りながら、

無理をせず三戸浜へ到着。
到着後、ロールに精を出す人、そしてその模様を見て楽しんでいる人など、本当に笑いが尽きない良い人たちだな~、と思いました(笑)。
先日、ネット上でこのような記事に目が留まりました。
確かに社会人、大人になると、家庭⇔職場の往復で物事や時間は回ってしまうかもしれません。
でも、家庭と職場に、今日お越しいただいたみなさんのように、友人や仲間の存在があると、人生楽しく過ごせること間違いなしだと思います(^^ゞ
またぜひいらしてくださいねー。
今日も良い1日でした♪

季節の移り変わり♪

10月16日(火)

このところリピーターさんから、苦情というかある種の要望をお聞きしました(笑)。
「HPの『ツアー予約状況』を見ると、週末は『貸切』『満員御礼』『レディースDAY』『キャンプツアー』などがあり、普通の1DAYツアー希望の自分のスケジュールと合わない!」とのことでした(^^ゞ
確かに9月~10月の週末はそんな感じです。
あっ、でも今週の土曜日はまだ空いていますが、平日お仕事を休んじゃいましょうよ(笑)。
このツアーブログで何度も申し上げていますが、有休は消化してこそです。決して、余らせてその日数を同僚に自慢するものではありません(^^ゞ
しかもツアー料金が土日祝日大人一人11.000円ですが、平日は9.500円です。
普段、仕事や家庭に時間を追われていると思います。たまにはご自身にご褒美を与えても良いのではないでしょうか(笑)?
そんなボクの思いに応えていただけたのでしょうか、はやたさん、かじたにさんがお見えになりました(^^ゞ
今日は平日ですから、海の上もガランとしています。

まずは、黒崎の鼻へGO!

時々吹き付ける北東の風を交わしながら、

道なき大海原をスイスイ漕いで到着。

そして崖を登って、

今日はボクも交えてもらって、はいポーズ!

いつ来ても眺めが良いです
浜に戻り、再スタート。
漕ぎ始めると、北東の風と波が徐々に強まり始めました(^^ゞ

帰りの事を考えて、諸磯まで行かずに胴網に上陸し、ランチタイム。
今日はステップキャンプのスタッフのみなさんがいらしていました(^^ゞ

沖縄そばを作って食べ終えると、久しぶりに小網代へ。

マリーナを抜けると、

そこは森に囲まれた湖と見間違えてしまう景色が広がっています☆

秋が深まって来た感じがしますねー。

元来たルートを辿るようにして

湾の外へ。
心配した北寄りの風も少し止んでいました。
三戸浜へ到着。
かじたにさんも、はやたさんもスイスイ漕がれていて、煽られるような感じでした(^^ゞ
またぜひいらしてくださいねー。
今日も良い1日でした♪

レディースDAY♪ ~ありのままの君でいてくれよ(笑)~ 本編

(前回からの続き)

10月14日(日)

そんなわけで、「ありのままの君でいてくれよ」がサブタイトルになりました(笑)。
お越しいただいた、みきさん・しずかさん・Aちゃん・ちえさんにもその旨お伝えしました(^^ゞ
コンディションが悪くて、1時間遅れのレディースDAYが始まりました。

目的地の諸磯へ向かって漕ぎ出すと、

イヤらしい横波・風&斜め右方向の波・風が寄せて来ますが、

上陸後のランチの葉山牛ローストビーフサンドイッチのことを思えば、

頑張れちゃう(笑)?

途中、雨が降り出しました。

が、やっぱり頑張れちゃう(笑)?

無事到着。
タープを張り、調理開始(^^ゞ
ここはボクなんかの比じゃない料理上手の大上クンとあやさんにお願いしました(笑)。

さすがご夫婦だけあって、息がピッタリ(笑)。
結婚式の共同作業「ケーキカット」ならぬ「葉山牛カット」です(笑)。


大上クン、良い笑顔です✨
さらに三浦にあるパン屋さん「充麦さん」のバケットに、三浦で採れた野菜で盛付けをして、

完成!

(PHOTO BY あやさん)
どうだ~!!!!

(PHOTO BY あやさん)
もうみんな絶叫していました(^^ゞ
「来た来た来た~!!!!」
「海辺で葉山牛!」
「美味しそう!」
「フツーのお肉とぜんぜん違うー!」
「画像撮らなきゃ!」
「焦げ目をつけていたとき、匂いが堪らなかった!」
「タープの下はトンビは襲ってこないよね!?」
などと歓声があがりました(笑)。
ところが、ひと口入れると、ありえないくらいの食感に、
「はぁ~」
「んー」
言葉に出来ません(^^ゞ
もしかして人は本当に美味しいものを口にしたとき、リアクションが出来ないのかもしれません(笑)。
ボクの口の中にも表しようがない美味しさが広がり、尚且つ笑顔に満ち溢れたみなさんの表情を見ながら至福の時を噛みしめていると、目を閉じて恍惚とした顔になっていたようで、またもやあやさんに笑われてしまいました(笑)。でも、それくらい美味しかったです(^^ゞ
その後、お菓子とパーコレーターで淹れたコーヒーを飲み干し、撤収。
おっ、太陽が顔を出してくれましたねー☀
ならば、集合写真✨

さー、三戸浜へ。

出だしこそ風波がまだ残っていましたが、

海も穏やかになって来て、最高のコンディション☀

そのせいか、みんなパドリングの手を止め始めました(^^ゞ
するとどなたかが、
「もうちょっとだけ海の上にいたい!」
「あ~、それ分かる!」
海と空に身も心も包まれているような感じでした(^^ゞ
ってなわけで、シーカヤックに乗った状態で集合写真☆

夕陽と言う天然のスポットライトに照らされたみなさんは、「ありのままの君でいてくれて」とっても素敵でした(笑)♪
クラブハウスに戻り、シャワーを浴びて身支度を整えて、コーヒータイム。
楽しくしゃべっていると、こんなやりとりがありました(^^ゞ
「次回(葉山牛ローストビーフサンドイッチのランチ)はいつですか?」
「今度はご飯を炊いて葉山牛ローストビーフサンドイッチ丼とかって?」
「あんまり頻繁に開催してもねー」
「葉山牛に怒られそう!」
「男性陣からクレームが来ませんか?」
「(クレームは)来ています!『オレたちにはいつ食べさせてくれるんだ!?』ってめちゃめちゃ言われています!」
「だって、今年の春に実施した『お花見ツアー』(詳しくはこちらのときは男性女性問わず参加可能で葉山牛やりましたから、その時にご参加いただければ良かったんですよー!」
「今度やるときはホースラディッシュあるといいねー」
「あー、サワークリームあるといいなーって思った!両方用意しよう!」
「またそうやって自分でハードル上げている!」
「あはははは(笑)」
葉山牛も美味しいですが、参加していただいたみなさんとのこうしたやりとりが、何よりも代えがたくて一番の至福の時と思いました。
お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございます!
今日も良い1日でした♪

レディースDAY♪  ~ありのままの君でいてくれよ(笑)~

10月14日(日)

ついにこの日がやって来ました!
レディースDAY
告知しましたが、ご予約人数が5名様となりましたので、言うなればあの「禁断の食材」を使ったランチです(^^ゞ

葉山牛ローストビーフサンドイッチ!

です(笑)。
がしかし、前夜より雨&風が強まり、開催が心配されましたが、開催時間を少し遅らせての開催となりました。
お集まりいただいたのは、みきさん・しずかさん・Aちゃん・ちえさん・あやさん、そしてサポートにあやさんの旦那さん、大上クンです(^^ゞ
なんと!大上クンは、なんと当日の朝から葉山牛に火を通し、下ごしらえまでしてくれる力の入れようです(^^ゞ
「せっかくの葉山牛だもん、それくらいは・・・」
「お~、すごいなー」
と話していると、横にいたあやさんが、
「たろーさん、日焼け止め持っている?」と尋ねて来ました。
もちろんボクはそのようなものは持っていない旨を伝えると、
「だよねー、秋でも女子には必要なのよ~」と言うので、ふとアタマに浮かんだセリフを言いました。

「ありのままの君でいてくれよ!」

と、日焼け止めはお化粧ではないけどレディースDAYということで浮かんだのか、それともこの前、懐メロの「ザ・タイガース 色つきの女でいてくれよ」を聴いたからか、この言葉が浮かんで口から出て来ました(^^ゞ
そんな三流ドラマでも言わないようなセリフをボクが言ったのが面白かったからか、あやさんは壺にハマったようで、大爆笑(笑)!
「たろーさん、今日のレディースDAYのサブタイトルはこれで行こう」と涙をチョチョ切らせながら言いました(^^ゞ
かくして副題になりました。
はたしてツアーはいかに・・・(^^ゞ

(続く)