OCEAN & SKY

OCEAN & SKY(オーシャンアンドスカイ)は三浦半島を中心にシーカヤックツアーを実施しております。

TEL.080-5052-1499

〒238-0112 神奈川県三浦市初声町三戸1113-2

ブログ

夏日だよ~、全員集合♪

5月21日(日)

今日も賑やかな1日でした(^^ゞ
お越しいただいたのは、真俊さん、将毅さん、恒太さん、勇太さん、嘉生さん、麻衣さん、勇太さん♪
サポートに毎度おなじみアニキ大塚(^^ゞ

今日も真夏を彷彿させる青空の下、

漕ぎ出しました☆彡

が、ん?
思ったよりうねりがある・・・?

少々手を焼きましたが、

小網代湾へ。

マリーナを抜けると、干潟で緑豊かな小網代の森に到着。

どなたかが、「なんか湖みたいですね~」と仰っていました。
確かに「今、〇〇県の△△△湖を漕いでいます!」と言っても、聞いた人は信じてしまうような不思議な場所です。
およそみなさんがご存知の三浦半島とは思えない景色ですねー。
では、そんな緑豊かな森をバックに集合写真を撮りましょう♪
シーカヤックに乗った状態で近づいて筏のように組むのは意外と難しかったりするんですが、
お~、あっさり完了(^^ゞ

お見事です!
では、元来たルートを辿りつつ、小網代湾を横切り、湾の外へ出て、

油壺・荒井浜へ。
みなさん、チームワークがとっても良く、湾を横断するときも早い早い(^^ゞ
なんかいいなー(笑)。
荒井浜へ到着し、ランチタイム。
今日はわけあり(?)のため金目鯛の炊き込みご飯に、イワシのつみれ汁。

お昼寝をした後は、身支度を整えたら、

三戸浜へ。

追い風、

追い波の中、

みなさん上手に漕いで、

到着♪

クラブハウスに戻り、あーだこーだとしゃべっていると、
みなさんほぼ全員同じ職場だそうでした。
しかも、20年弱サラリーマンをしていたボクにとって、
すごーーーくお世話になった会社にお勤めだったことが発覚(^^ゞ
さらに、大塚さんにとっても取引先のようでした(笑)。
そんなわけで、とっても大いに盛り上がりました(^^ゞ
今日も良い1日でした♪

追伸:真俊さん、恒太さん、将毅さん、お気をつけて楽しんで来てくださいねー。

やっぱりイイね、久々の南伊豆・子浦 (その2)

(続き)

相模湾をぐるっと回るように車を走らせて伊豆半島の南端・石廊崎を越えて、
駿河湾側の南伊豆町子浦へ到着。
いやー、久しぶりだなぁ。
さーて、石田さんはまだかなー、と思えど、なかなか現れない・・・(^^ゞ

カヤックを浜に運んで準備し終えた1時間後に、「いやー、悪い悪い」と言いつつ、到着(笑)。
なんだかんだと着替えや準備をしていると、
石田さん「たろーさん、悪い。お願いがあるんだけど・・・」
ボク「(イヤな予感)どーしたんですかー?」
石田さん「パドル、予備ある?」
ボク「えっ?あるけど、予備パはワーナーの(通称)ニコちゃんパドルですよ」
石田さん「この前、車検で車の中の荷物を整理したまんまで、家にパドルを置いて来ちゃった
ボク「えー!?」
石田さん「じゃあニコちゃん貸して・・・」
ボク「いやいや、ニコちゃんだと身長が高くて手が長い石田さんよりボクの方がいいでしょ?石田さん、カリスタ使って」
ってなハプニングがあり、しまらないスタートとなりました(笑)。
でも、久しぶりの子浦でハイテンション(^^ゞ

やっぱり子浦はいいですねー。

シーカヤックから見る景色が湾の中でも不思議な模様や形をした地層とかがあり、


目を奪われます。
さらに口を開けたような洞窟があったりして、変化に富んでいます。


湾の外へ出ると、時折大きな魚と思しきナブラが立ちました。
ボク「なんでしょうねー」
石田さん「シイラかなー」
やがて、谷川から吉田方向へ南下し始めたとき、広範囲にわたり、あちらこちらでナブラが立ち始めました(^^ゞ
その数、半端じゃない!

海の中を見ると、大きな魚が小魚を食べたと思われる鱗でキラキラと輝いています。
ボクも石田さんもこのあたりを数えきれないくらい漕いでいますが、こんな光景見たことがない!


ボク「なんか気味が悪い!」
石田さん「ワラサか鰤(ぶり)だ!」
渡船で来て、磯釣りをしていた男性も慌ててルアーにしてナブラが立っているところに放り込むと、見事にヒット(^^ゞ

「で、でかい!」
「鰤(ぶり)だ!」
と素っ頓狂な声を上げていました(笑、多分ワラサのようでした)。
フィッシングカヤッカーのみなさん、今日子浦に来れば爆釣だったのにー(笑)。
ボク達はそんな様子を目を丸くしていました。
さてさて、気を取り直してリスタート。
ここから先は、カメラで撮るのにアングルに悩む雄大な景色が続きます。

手つかずの自然がそのまま残っています。
このあたりを漕ぐには、外洋に面していて、潮の流れもあり、厳しいエリアではあるので、
三浦で練習して伊豆に挑む・・・、って感じがいいかもしれませんねー。

そんな話をしながら漕いでいると、吉田の無人の浜へ到着し、ランチタイム。
いつもの沖縄そばと、石田さんが買って来てくれたおにぎりがマッチして美味い(^^ゞ

昔話に花が咲きました。
帰りもアーチ状のトンネルをくぐったり、

カメラにおさめることは出来なかったウミガメに遭遇して歓声をあげたりしつつ、
大海原を感じながら、

子浦へ。
あらためて子浦の良さ、南伊豆の良さを感じた1日となりました。
そんな子浦でのツアーを7月1日(土)と7月2日(日)に実施します!
平日がお休みの方向けにも、この前後の6月30日(金)もしくは7月3日(月)も検討しております(^^ゞ
基本的には現地集合現地解散ですが、サウスウインドさんのご好意で所有しているクラブハウスをお借りしましたので、着替えのスペースやシャワーは確保しました。ご安心ください(^^ゞ
石田さん、今回はありがとうございます♪
去年の9月にリニューアルして以来、居心地が良くて引きこもりのような感じでした(^^ゞ
さらに、庭の整地やDIY作業に精を出す日々が続いていたので、リフレッシュできました(笑)。
また行きましょう!
今日も良い1日でした♪

やっぱりイイね、久々の南伊豆・子浦 (その1)

5月17日(水)

先週の木曜日、横浜にある取引先のサウスウインドの石田社長から珍しく電話がかかって来ました。
石田社長(以下、石田さん)「GWも終わったし、来週の水曜日あたり(南伊豆町)子浦に行こうよ」
ボク「えっ????」
石田さん「そんな三戸浜に引きこもっていないで、行こうよ」
ボク「な、なに急に言い出すの!?」
石田さん「伊豆ツアー開催しちゃえばいいじゃん」
ボク「いやいや、急すぎるし・・・(^^ゞ」
石田さん「とりあえず募集かけるだけかけてみたらいいじゃん」
ボク「・・・(コトバが出ず)」
石田さん「集まんなかったらそのときに考えるとして、とりあえず行こう」
かくして、募集をかけることとなりました(^^ゞ

そして、前日の火曜日また電話がかかって来ました。
石田さん「わりー、カヤック用意してくれる?」
ボク「売るほどあるじゃないですかー!?」
石田さん「まー、そう言わずに・・・。お客さん集まったー?」
ボク「集まりませんよ!」
石田さん「じゃあオレの分のカヤックも車載できるね?」
ボク「シャチョー、アンタ何屋さん????」
というわけで、石田さんの分のカヤックを用意して、昔のように二人で漕ぐことになりました(^^ゞ
とほほ・・・(笑)。

なんだかんだと石田さんに悪態をつきながらも、
久しぶりの南伊豆なので、準備をしているだけでも楽しい♪
あっ、よく事情がお分かりでない方に簡単に説明を・・・(^^ゞ
サウスウインドさんは横浜の赤レンガ倉庫に向かう途中にあるシーカヤック専門店です。
遡ること15年前、ボクは京浜東北線山手駅近くに住んでいました。
ある日、自転車でぶらぶらしていたときに、他の場所から移転して来たばかりのサウスウインドさんに出くわしました。
当HPの「スタッフ紹介」のページに書いてあるように、
サラリーマンをしていたボクは、サイパンへ会社の社員旅行で行ったときにシーカヤックに出会いました。
そのときは、「(シーカヤックは)海外でしかできないアクティビティなんだろうなー」と思い込んでいました。
なので、「自宅近くにシーカヤックを売っているお店があるなんて・・・!?」と絶句してソッコーで買ってしまいました。
以来、石田さんと「海」だけでなく「夜の街」にも「パドリング」するようになりました(笑)。
ボクがサラリーマンを辞めて開業してからもその間柄は変わらず、
色々と相談に乗ってもらったり、気を遣ってもらったり・・・。
と書くと、シーカヤック業界、もしくはシーカヤッカーの間で、
「師事」「子弟」「ボス」などと言った言葉を聞かれますが、
若輩ながら言わせていただくと、これらの表現は違和感がある。
単なる元お客さんとカヤックショップの社長さん(笑)。
自然な間柄ですね。
ってなわけで、石田さんのカヤックも積み込み、南伊豆・子浦へ向けてしゅっぱーつ!

(続く)

漕ぐ海が広がれば仲間が出来る⇒楽しい日々♪

5月14日(日)

本日はいつものコンビ、ギンさん&ヨネさんの登場です(笑)。

昨年、お二人とも当方でシーカヤックデビューをして自艇を購入。
そして、顔なじみになり、お仕事の部分でも接点を持ったそうです。
こーゆーのって「シーカヤックがコミュニケーションのツール」とでも申しましょうか、
ボクはとてもいいなー、と思います。

友達・仲間は多い方が良いでしょう。
青臭い、と言われる方もいるでしょう。
でも、会社や仕事以外で出会う人が多ければ多いほどきっと楽しい毎日になる・・・、とボクは思っています(^^ゞ。

今日は追い風、そして向かい風の中、バッチリ漕いでもらいました。

どちらの風もなかなか手強かったですが、
お二人とも「〇〇〇(何処其処)を漕ぎたい!」という思いがあります。
そのためにも階段を一段一段、少しずつでもいいので、確実に上って行きましょうね(^^ゞ
クラブハウスに戻ってからは、ソロ漕ぎで来ていたTAKAさんと、遊びに来たMTSさんも加わって、
あーだこーだと楽しく語っていました。
ちなみに今日はお二人ともビール350ml2本でした(笑)。
今日も良い1日でした♪

念願叶って・・・(^^ゞ

5月9日(火)

GWも終わり、賑やかだった三戸浜もいつものひっそりとした雰囲気に戻りました。
晴れてはいないものの、シーカヤックで漕ぐには穏やかで絶好なコンディションです(^^ゞ
お越しいただいたのは、賢二さん・大志さん・光生さんファミリー!
賢二さん、これまで2回ほどお申込みいただいたものの悪天候で開催できず3回目にして叶いました~♪
ありがとうございます!
賢二さんは元々フィッシングカヤッカーで、

息子さん達はシーカヤック初めてですが、

ご安心ください、大丈夫大丈夫(^^ゞ
今日はコンディションが凪で、お客さんも複数人数いらっしゃっています。
そんなわけで、ランチのシラスを買いに栗谷浜港にある「かねしち丸水産」さんへGO!
生シラス・釜揚げシラス・地タコのスライス、イワシのつみれを買った後は、

南下してエビか浜へ。

炊き立てご飯に三食丼にイワシのつみれ汁を作って食べたんですが、
何を隠そう地元民であるボクも久しぶりのシラス丼ということもあり、がっついて食べてしまい、画像を撮り損ねてしまいました(^^ゞ
食べていると、賢二さんが息子さん達に
「(普段乗っている)フィッシング艇とツーリング艇の違いはあれど、『こうやって漕ぐんだぞ』って見せようと思っていたんだけど、上手く漕げない(苦笑)」と仰っていました(笑)。
どうやらフットペダルの位置があっていないかったようでした。
賢二さんのフットペダルを調整して、もう少し漕ぎましょうね。
今日は平日なので、海の上も静かです。
そんなわけで、そろそろ雄叫びの準備はよろしいでしょうか(笑)?
はい、今日は大海原貸切状態です!

オーシャンアンドスカイの平日ツアーは大人9500円と大変お得です(^^ゞ
平日休みの方、家でゴロゴロしていても休み明けから良い仕事はできませんよー。
身体を動かしてリフレッシュしたほうが良いでしょう。
南下して小網代湾へ。

まだ藤の花は咲いているかなー?
おっ、まだ咲いていましたねー☆

なんだか湖みたいな景色ですねー。

「ホタルが見られるんですよねー」
「今月末くらいだと思いますよー」
そんな話をしながら元来たルートを辿る様に漕いで、
三戸浜へ到着。

お疲れ様で~す!
戻ってからも4人で楽しくあーだこーだと話しました。
それにしても賢二さん、3回目にしてようやくツアー開催となり、初のツーリング艇はいかがでしたかー?
大志さん、光生さん、帰りは三崎港の名店に行けましたかー(笑)?
三浦半島の海も陸も紹介したいところが沢山あります。
またぜひいらしてくださいね(^^ゞ
今日も良い1日でした♪

ギンさん、はえーよ(「早いよ」の意、笑)

5月7日(日)

前日からキャンプに来ていたギンさん(^^ゞ
夜、食事をしに行った海舟さんで、あーだこーだとカヤック談義に花が咲きました。
すると「シーカヤック、もっと上手くなりたい」と・・・(笑)。
ただ、予報では翌日の7日の海のコンディションは午後から風が抜けそう。
それを伝えると、
「ならば、朝7時集合で漕ぎ出しましょう!」
とのこと(笑)。
で、翌日を迎えましたが、言った通り・・・、いや早すぎる、ボクを5時54分に起こしに来ました(笑)!
まるで、子供が「お父さん早く起きて遊びに行こうよ!」って言っているような感じです(^^ゞ
ってなわけで、朝7時半スタート。

城ヶ島へ向けて漕ぎ出しました。
諸磯の堤防あたりに来ると、

南からサーフ状態でした。
ならば、カヤックサーフィンしましょう!

ということで、何度も何度も波に乗ってもらいました(^^ゞ
朝早くのスタートだったので、当然おなかも早く空いたので、海上亭さんへ。
いつもの「はましおラーメン」&ライス。

出口さん、そして若旦那、いつもありがとうございます♪
食べた後、荒井浜で軽く技術練習をして三戸浜へ戻りました。
戻ってからもギンさんは時折、「あー!」「落ちる!」と雄叫びをあげつつ反復練習に精を出していました。

オーシャンアンドスカイの他の艇庫会員およびクラブ会員のみなさん、うかうかしていられませんよ~(笑)。
今日も良い1日でした♪

夏日到来!?

5月5日(金)

さー、ゴールデンウィーク本番のこどもの日。
5月とは思えない夏のような陽射しを感じました☀
沢山の方にお越しいただきました♪
トシさん・裕子さん・航平クン・陽菜ちゃん、
けんごさん・阿部さん・たつやさん・星さん・佐藤さん、そしてサポートは大塚アニキ。

元気良く、

行って来ま~す!

ちょっぴり赤潮の影響で海が濁っていましたが、

荒井浜へ。

ランチを食べて、磯遊びをした後、小網代へ。
今日も藤の花が満開です☆


さー、まずは各グループに

分かれて記念写真(^^ゞ

これが結構難しかったりするんですが、上手に筏のような形を組むことが出来ました(笑)。
そして、じゃあ合体(^^ゞ

これまたうまく行きました♪
元来たルートを辿り、湾の外へ。

追い風追い波にも乗り、あっという間に到着しました♪
ご覧になっているみなさん、もう夏が来たって感じでしたよ(笑)。
きっと、トシさんやけんごさん達が真夏の太陽を呼び寄せたのかもしれませんね(笑)。
今日も良い1日でした♪

歌声カヤックツアー♪

5月4日(木)

いまだに歌声が耳に残っています(笑)。
って、なんのことかわかりませんよねー?
こちらです。


ノリノリで歌っていますよねー(笑)。
では、順を追って・・・。
お越しいただいたのは、ご近所さんのタケさん・はつみさん・あっちゃんファミリーに、ホームステイ中のマリーヌ、そしてけーたさん☆
タケさんとあっちゃんでペア、はつみさんとマリーヌでペア、けーたさんシングル、サポートで大塚アニキでスタート♪

今日は真夏のようなお日様の下でツアーとなりました☀
出だしから賑やかです(^^ゞ

が、最初はちょっとバラバラでしたが、

スズメ島を過ぎて、えびか浜を抜けて、

小網代湾に入るころには息もぴったり合うようになりました。
フランスから留学中のマリーヌが、ボク達が聞いたことのないような日本語の歌をリードするような感じで歌い始めると、
はつみさんもいい感じでバックボーカルを務めます(^^ゞ
し、し、しかも山本リン〇の「狙い撃ち」まで・・・。

歌声カヤックツアーだ(笑)!

その後もお構いなしで、漕ぎながら歌っていました(^^ゞ

はつみさんが、
「歌いながら漕ぐ人なんかいないでしょ?ゴメンナサイ」と言いますが、
いやいや、マリーヌと息の合った歌声は最高ですよ(^^ゞ
小網代の海の中の生物や小動物も、きっと惚れ惚れしていたに違いない(笑)。

元来たルートを辿りながら

湾の外へ出て、

胴網海水浴場まで漕いで行ってランチタイム。

まるで南の島のような感じですね♪
帰りも歌声が途切れることなく、みんなを笑顔にしてくれました(^^ゞ

クラブハウスに戻ってからも楽しく過ごしました。
解散となり、タケさん達が帰って行き、けーたさんを駅まで送って行って、
大塚アニキと片づけをしていましたが、
「やべー、歌声が耳に残っている(笑)!」
「でも、二人とも上手だったよねー(笑)?」
と、二人で爆笑していました(^^ゞ
お越しいただいたみなさま、今日はありがとうございます。
歌声カヤックツアー、何か発展させたくなりました(笑)。
今日も良い1日でした♪

久しぶりのシーカヤックは大変・・・(笑)?

5月2日(火)

今日は第一線でご活躍のお二人がお見えになりました(^^ゞ
NAVYさん、マチオカさーん♪
お二人ともお忙しかったようで、久しぶりのシーカヤックだそうです。
今日はお二人ともシーカヤッカーなので、予めボクの車を葉山にデポして、
三戸浜~佐島経由~葉山の1WAYツアーです☆彡
もちろん、ランチは佐島バーガー(笑)。

さー、出発です!
初夏を思わせるような太陽が照りつける中、出発しました。

が、北東の向かい風が・・・(^^ゞ
でも、あの肉汁滴る美味しい佐島バーガーが待っているから頑張れる(笑)。
長浜を越えて、荒崎。
向かい風が・・・(^^ゞ

でも、あの肉汁滴る美味しい佐島バーガーが待っているから頑張れる(笑)。
長井港・小田和湾を越えるも、
向かい風が・・・(^^ゞ

でも、あの肉汁滴る美味しい佐島バーガーが待っているから頑張れる(笑)。
到着!
上陸後、てくてく歩いて「ライトハウス」さんへ。

そして、「向かい風の中、がんばって漕いだんだから・・・」と、半分言い訳に近い言葉をつぶやきつつオーダーしたのが、
NAVYさん&ボクは名物1ポンドバーガー、マチオカさんはスタンダードハンバーガープレート(^^ゞ

うまーーーい!
三人ともあっという間に完食(^^ゞ
寛いでいると、お仕事のことでマチオカさんとNAVYさんに接点があることが判明。
世の中って狭いですねー(笑)!
会計を済ませて、浜に戻り、リスタート!
と思ったら、NAVYさんケータイをお店に忘れてしまい、取りに戻る・・・(^^ゞ
気を取り直して、少しだけ戻るような格好になりますが、笠島へ。

すると、NAVYさん、今度は「あー、サングラスどっか行っちゃったー」とのこと(^^ゞ
「店に置いて来た?」
「それとも浜に?」
「いや、いいよ。使い古しているから・・・」
「いやいや、どっちにしろ葉山に向かいますから、途中で一旦浜に寄ってみましょう」
戻ってみると、浜に転がっていました(笑)。
じゃあ葉山へ・・・。
ところが漕ぎ出すと、イヤらしい横波が襲って来ました。
「なんだか漕ぎにくいなー」と仰っているお二人を画像に写そうとファインダーをのぞくと、

三浦半島南部の三戸浜周辺とは違い、オシャレな建物や家が立ち並んでいるのに、都会に来た感じがします(^^ゞ

長者が崎をまわり、到着!
お疲れ様でしたー♪

デポしておいたボクの車にシーカヤックとお二人をのせて、三戸浜へ。
クラブハウスに戻ると、ソロ漕ぎに来ていたMTSさんも加わり、楽しくあーだこーだと話して盛り上がりました。
すると、マチオカさんが「あっ!ケータイがない!」と言うので、ライトハウスさんへ電話すると、「どなたかケータイ忘れませんでしたかー?」とのこと(^^ゞ
そんなわけで、マチオカさんはライトハウスさんへ寄ってから帰ることになりました。
お見送りをして、片づけやらも終わり、ご飯を食べていると、マチオカさんから連絡があり、
「ボクのパドル、たろーさんの車の中に忘れました」とのこと(^^ゞ
教訓!
久しぶりのシーカヤックのときは、忘れ物に気を付けましょう(笑)。
今日も良い1日でした(^^ゞ
で、いいのかなー(笑)?

今日も透明度抜群、新緑眩しい、藤の花キレイな三浦半島

4月30日(日)

さー、GWです!
とはいうものの、午後から風が上がりそうなので、時間をかなり早めてツアースタートとなりました(^^ゞ
お越しいただいたのは、かずさん&優子さん、ギンさん、ヨネさん♪
この時間はまだ穏やかな海が広がっているんですけどね~。

かずさん&優子さんも、穏やかな海に驚かれている様子でした(^^ゞ

スズメ島の透明度も抜群です☆彡
えびか浜を通り、

伊豆半島をものすごーーく小さくしたような岩場で、

ん?なんかヨネさんとかずさん、楽しげですね(笑)。
小網代湾へ入り、マリーナを抜けると、

今日も藤の花がいい感じに咲いていました☆
優子さんも「こんなふうに木々の中に咲いているのってすごい」と驚かれていました。
イチバン奥の小網代の森も、新緑が眩しく感じますね(^^ゞ

元来たルートを辿りながら湾の外へ。
途中、海上保安庁のパトロール船が「今日は午後から風が上がり急変しますので、注意してください」と、マイクでアナウンスされました。こーゆーのって珍しいですねー。
それもあって、今日は荒井浜へ上陸。

ランチを食べるには少し早いので、柏餅とコーヒーで休憩。
しばらくのんびり過ごしましたが、海面が少しざわつき始め、沖を航行しているヨットのセイルも風でたわみ始めたので、撤収。
南寄りの追い風に乗り、

三戸浜へ。

あっという間に着きましたねー♪
クラブハウスに戻ってから沖縄そばを作って平らげました(^^ゞ
かずさん&優子さん、今日は早くからお越しいただいてありがとうございます♪
次回はFRPのシーカヤックをご用意いたします(^^ゞ
ヨネさん、いくらツアー終了後と言えどビール500m×3本は呑み過ぎです(^^ゞ
ギンさん、軽トラで来たがために飲めずに残念(^^ゞ
今日も良い1日でした♪