OCEAN & SKY

OCEAN & SKY(オーシャンアンドスカイ)は三浦半島を中心にシーカヤックツアーを実施しております。

TEL.080-5052-1499

〒238-0112 神奈川県三浦市初声町三戸1113-2

ツアーブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

素直な心(^^ゞ

4月10日(火)

連日のように強風が吹き抜けていた三戸浜。
久々の穏やかな日にお越しいただいたのは、愛ちゃん☆
20代前半のキラキラ輝いた目で、
「私でも漕げますか?(シーカヤック)やったことないしー」とのこと(^^ゞ
「大丈夫大丈夫!」ということで、とことん海遊びをしていただきました♪

まずは小網代に向かいましたが、とってもスムーズなパドリングを見せてくれます。

お見えになるお客様、特に女性の方から「非力な私でも大丈夫ですか?」と尋ねられます。
ボクから言わせると、力よりも「素直な心」の方が大事だと思います(^^ゞ
「こうして漕いだ方が良いですよ」とアドバイスしたときに、言い方が難しいんですけど、素直に受け入れて実行してくれることだと思います。愛ちゃんはボクがひとこと伝えると、すぐに受け入れて実行してくれました。
小網代の干潟からマリーナを抜けるときは、もう余裕(^^ゞ
「たろーさん、撮って~」とのこと(笑)。
思わず連写しちゃいました(^^ゞ

少しすると、
愛ちゃん「疲れた~」
ボク「少し休みますか?」
愛ちゃん「湾の外に出て、大海原でひと休みする。そっちの方が気持ち良さげ~」
とのこと(笑)。
おー、さすがー!
ひと休み後は、荒井浜でランチの高宮家秘伝のトマトポトフと充麦さんのパンを平らげ、食後のコーヒーも飲み干し、三戸浜へ。

愛ちゃん、漕いでいる姿、最初から最後までスムーズでカッコ良かったです♪
またぜひいらしてくださいねー。
今日も良い1日でした~♪

海遊びの時期ですよ♪

4月3日(火)

なぜ4月3日(火)のツアーブログを、今日4月9日(月)にアップしているか・・・?
PCの調子が悪くて、なかなかツアーブログをアップできませんでした(^^ゞ
復活したので、アップして行きますよ♪
前日の2日は、天気が良く海も穏やか。
「年度末を過ぎたことだし、みんな有休取ればいいのにー」と、一人呑気にそんなことを考えていた昼下がりに電話が鳴りました(^^ゞ
開口一番、
「今日から三浦に来ていて泊っているんです。シーカヤック、やったことがないんですけど、一人参加でも大丈夫ですかー?」
とのこと。
ぜーんぜん、大丈夫です♪
お越しいただいたのは、まことサン。
聞けば、まことサンは三浦市民マラソンに参加したり、トライアスロンにも出たこともあるとか・・・?
スゴイですねー(笑)!
さー、パドル講習をして漕ぎ出しました。

それにしてもこうして画像を見ると、黄色のシーカヤックに黄緑のレンタルウェア、
まことサン、アタマには黄緑のタオルで、なんかすごいなー(笑)。

それで赤系の物を見たくなったというわけではありませんが、油壷の桜を見に行きました(笑)。
日曜日の風で、少し花びらが落ちていましたが、鮮やかです✨

その後、諸磯へ行き、ランチ。
春ですねー、中潮にもかかわらず、潮がぐーんと引いていました(^^ゞ

いつもの沖縄そばを食べつつ、まことサンと話していると、三浦市民マラソンで三浦にお越しになるだけでなく、普通に遊びにいらっしゃるとか・・・?
「なるほどー、それで三戸浜に車で来るのもすぐわかったんですねー」
「でも、去年三戸浜に来たら、オーシャンアンドスカイさんの建物見てビックリしましたよー。いつ出来たんですかー?」
とのことでした(笑)。
最近、暖かくなって来たからでしょうか、BBQやキャンプをしに三戸浜にいらっしゃる方が多くなってきました。
庭でシーカヤックをメンテナンスしたり、DIYなどの作業をしていると、そんな方々から「シーカヤックやったことがないんですけど、ツアーとか参加できますか?」とか声を掛けられる機会が増えて来ました。ちなみに、お一人でも参加可能ですし、前日の夕方5時半ごろまでご連絡いただければ、開催いたします(^^ゞ
だいぶ暖かくなってきましたからねー、などと言いつつ漕ぎ出すと、諸磯の岩礁地帯で海に飛び込んでいるグループも現れました(^^ゞ

さすがにやり過ぎかなー?とは思いましたが、海遊びするにはいい季節になって来ました(笑)。
その証拠に高宮たろーはこの日のツアーも、31日のお花見ツアーも、海パンでツアーに出ています(^^ゞ
まことサン、またいらしてくださいねー。
いつでもお待ちしています。
今日も良い1日でした~♪

5周年&お花見ツアー

3月31日(土)

この日がやって来ました(^^ゞ
「5周年&お花見ツアー」です☆
お越しいただいたのは、ヨネさん・GT200さん、ツアー初参加のちえさーん!
そして、サポートに大上クン&あやさん♪
みなさんが来てくれたからでしょうか、天気もサイコーです✨

まずは海辺に立つ桜のある油壺へGO!

「昨日は風が吹いたみたいだったし、明日はまた強風が吹くし、穏やかなコンディションは今日しかないって感じだねー」
「ボクなんか秋からことごとく天候に泣かされて、ずっと海に出られなかったんです」
「一人乗り今日が初めてですよ~」

などと、

和気あいあいと

しゃべりながら漕いで、

油壷へ。
大上クン&あやさんは、葉山牛ランチのため、一足先に諸磯へ。
森に囲まれた油壺は

桜満開でした☆

「おぉー、すごい!」
「満開だー!!!!」
じゃあ筏を組んで、はいポーズ♪

続いてまずはお待ちかね第1弾の桜餅です(笑)。

ちえさんは「(シーカヤックに乗ってお花見しながら桜餅を食べる)そんなこと出来るの?って思ってたんです」とのこと(^^ゞ
はい、出来ちゃうんですよ(笑)。
今日の桜餅は、三崎港近くの「宮田屋」さんです。

「美味い!」
「小腹が減ってたから、とっても良い!」
「たろーさん、今何時?」
「11時45分だから、諸磯に着くころには大上クン達が作ってくれているローストビーフが出来上がっているんじゃないかなー」

と、この日の言うなれば「メインイベント」的存在のランチが気になります(^^ゞ
何しろ初めてのあの葉山牛だし、その姿が見たこともない色つやをしていたため、冷静でいられませんでした(苦笑)。
諸磯に到着すると、待ち構えていた大上クン達から、
「たろーさん、ローストビーフ出来上がったんだけど、渡された保冷バッグの中に野菜系がミニトマトしかないよ!」と恐ろしい真実発覚!
「やべー、そーだった!!!!でも、その分、葉山牛の食感を思う存分味わえる(^^ゞ」
などと言いつつ、ランチの準備(^^ゞ
アルミホイルから良い匂いが立ち込めます。

サンドイッチのパンは、地元のパン屋さん「充麦(みつむぎ)」さんで用意しました。

テーブルに並べて、写真撮影終了後、プライベートビーチのような諸磯に響く大人たちの
「いただきまーす!」
という大声に、BBQなどを楽しむ多くの人たちがこちらを見ていました(^^ゞ

(右に写るGT200さん、切れちゃってゴメンナサイ(^^ゞ )
ひと口食べると、その味・食感・存在感に言葉を失って、笑みを浮かべながら「ん~」しか言えません。
やがて、
「この仕上がり感、すごいなー!」
「真っ赤じゃないもん」
「しゅわしゅわ飲みたくなっちゃったー」
「たろーさん、オレもビール飲みたくなっちゃたよ」
「我慢してくださいよー。んー、それにしてもなんでサニーレタス忘れたのか・・・?」
「たろーさん、これ、普段のツアーでもっとやってよ!」
「えっ?葉山牛ローストビーフを?」
「っていうかさー、たろーさん『リベンジ』してよ。たろーさん、サニーレタス忘れたし、私も厚めにカットしちゃったし、『課題』が色々あるわけだから、リベンジした方がいいと思うのよ」
「勘弁してよ~。あっ、今すぐってのは無理だけど、今年中にもう1回開催したいなー」
と、ボク達がいる諸磯のとある一角だけ、やたらと賑やかでした(笑)。
パーコレーターで淹れた食後のコーヒーを飲み干し、三戸浜へ。
帰りは南寄りの追い風にも乗り、あっという間に三戸浜に到着。
クラブハウスに到着後は、これまた地元の「かわもと」さんの苺大福と、

ハッピーアワー(^^ゞ

(んー?ヨネさん、なぜかいない(^^ゞ )
ん~、これまた美味い!
こうしてお客さんや、手伝ってくれた大上クン達に囲まれた5周年は、忘れられない1日となりました。
今日も良い1日でした♪

春の三浦半島を満喫!キャンプツーリング♪ (その2)

(前回の続き)
3月25日(日)

次第に酔いが回って来た3人は早々にテントに入り就寝。ギンさんは、わけのわからない雄叫びをあげながらテントに入って行きました。
迎えた翌朝、鳥のけたたましい鳴き声で目覚めました。
テントから出ると、ギンさんのテントがなぜかつぶれている。
(寝ぼけているため画像を撮り損ねてしまいました、笑)
そのつぶれたテントから「鳥、うるさい」と言いながら、起き出して来ました。
ボク「テント畳んでいたんですか?撤収準備が早いですねー!」
ギンさん「昨夜、酔っぱらってたみたいで、テントに入るときにコケてポールが折れた!」
と前夜の悪態をあーだこーだとしゃべっていると、HFJさんも起きて来て加わり、ギンさんバツ悪そう(^^ゞ

(Photo BY HFJさん)
そんな話をしながらパーコレーターでコーヒーを淹れつつ、朝ごはんの準備です。
昨日のパエリアやポトフ、そしてそれらをミックスしてリゾットにして平らげました。

再び食後のコーヒーを飲んでいると、リュックを背負ったオジサンが現れました。シーカヤックを指さし、「みなさん、良い趣味していますねー」と言いつつ、輪の中に加わりました。「私は生まれも育ちも三崎なんですが・・・」と語り始めたと思ったら、すぐに三浦の方言丸出しで下ネタ連発(笑)。とてもじゃないけど、ここには載せられない話ばかり(笑)。

ひと通り話し終えたのか、「じゃあ失礼するよ」と言い、去って行きました(^^ゞ
オジサンの会話の内容が衝撃的で、眠気が吹っ飛び、撤収開始。
シーカヤックのハッチにテントや寝袋などを収納して出艇です。

今日のルートは、予めクルマをデポしてある南下浦へ。
まずは、毘沙門東風崎へ。

上陸してみてビックリ!昨年の台風で大地がえぐれていました。

そのせいか、今年は紫色のハマダイコンの花が少ない気がします。
「それにしてもここは眺めがいいですよねー」
「風さえ抜けなければここでキャンプしたいですよねー」
と話していると、ギンさんは「嗚呼!花の応援団」のようなポーズを決めてくれました(ご存知の方は50代以上でしょう、笑)。

再び漕ぎ出し、横瀬島を通過し、劔崎灯台へ。

海上保安庁の気象データの観測所でもあります。昨夜は西風11メートルを観測していました。道理でテントが揺れたわけですねー(^^ゞ
せっかくなので、下から眺めてみました。

その後、間口港、大浦海岸を通過し、凸浜へ到着して休憩。

(Photo BY HFJさん)
この場所もテント泊には良いロケーションですね✨
画像は撮り損ねてしまいましたが、HFJさんは休憩の間中、寝っ転がっていました(^^ゞ
さー、ゴールの南下浦はすぐそこです。
後ろ髪が引かれるような感じで漕ぎ出しました。
ギンさんは、「あ~、(キャンプツーリングが)終わっちゃう~」と名残惜しそうな声をあげていました(笑)。
南下浦へ到着。

お疲れ様です!
ギンさん、HFJさんありがとうございます。
昨夜は風がびゅーびゅー吹き抜けていましたけど、日中の間は良いコンディションに恵まれました☆
また自艇をお持ちの方向けのツアーを企画しますので、ギンさん、HFJさんお越しくださいねー(^^ゞ
最高の2日間でした♪

追伸:
さー、このツアーブログをご覧になっている貴方(笑)。
少しの勇気があれば、シーカヤックでこんなキャンプツーリングが出来ちゃいます。
まだシーカヤック自体に乗ったことのない方は、まず1DAYツアーにお越しください。
身体の筋肉痛は2~3日すれば消えちゃいます。
でも、心の疲労は身体を使って大海原へと漕ぎ出すことが、充実した休日となり、日々の活力となるでしょう(^^ゞ
約20年ほど主に食品メーカーの営業マンだったボクが言うんですから間違いなしです。
そろそろこのツアーブログを読んで体験した気にならないで、イメトレは卒業して、体験されてみてはいかがでしょうか?
ご不明な点等ございましたら、気軽にお問い合わせ下さい。
みなさまのお越しをお待ちしていま~す!

春の三浦半島を満喫!キャンプツーリング♪ (その1) 

3月24日(土)

さー、今日はキャンプツーリング♪
思えば、昨年の2月末に開催して以来、キャンプツーリングを開催しようとするたびに、台風・豪雨・強風などに泣かされ続けました(^^ゞ
今回は海のコンディションもまずまずの予報。
お越しいただいたのは、HFJさんとギンさん。
出艇前に記念写真撮りましょう!と撮っていると、ギンさんが「たまにはたろーさんの画像を撮りますよ!」と言うのでカメラを渡して撮ってもらいました。

この直後、ギンさんはヘンなボタンを押してしまい、撮影不能に・・・。メカ&デジタル音痴のボクにはチンプンカンプン(^^ゞ
復旧させるのも面倒だったので、漕ぎ出しました。
まずは、桜の開花が気になる油壺湾へ。
行ってみると、東大研究所の並びは満開でしたが、湾奥のオオシマザクラはまだ2~3分でした。
これは31日(土)の5周年&お花見ツアーのときは、満開の可能性が高いですねー。
デジカメがイマイチなためスマホで撮影(^^ゞ

その後、諸磯、城ヶ島、

宮川港と漕ぎ進み、夜に吹く強風を避けられる大乗谷へ到着♪
デジカメを復旧させて、テントを張ったら、

お待ちかねのハッピーアワーです(笑)。
はい、かんぱ~い!

グビグビグビ~!とオリオンビールを飲み干すスピードは、歌舞伎町のホストに負けず劣らずでしょう(但し容姿を除く、笑)。
そんな話をしつつ料理の準備に取り掛かります。
季節は春で日中は暖かいんですが、夕方からは冷え込みます。そのあたりを踏まえて作ったのが、
1品目は、「あさりと豚肉と春キャベツの酒蒸し♪」

ギンさんが、「これは酒が進む!」と雄叫びをあげていました(^^ゞ
2品目と3品目はほぼ同時に出来上がりました。
1品目の出汁&豚肉の脂で作った「ムール貝のせたけどパプリカ忘れたパエリア」と、

「キャベツじゃなくてミニトマトとホールトマトを入れたポトフ」です(笑)。

ふざけたタイトルですが、お二人からは嬉しいことにお褒めの言葉をいただきました(^^ゞ
酔いがいい感じで周り始めました。

HFJさんとギンさんは、一昨年のキャンプツーリングで一緒になりましたが、今日はその時よりも楽しそうにバイクの話題で盛り上がっていました。
やがて、ギンさんが酔っ払い初めて「たろーさんの人生において、いや、女性関係においてでもいいんだけど、失敗話とか聞きたいなー。絶対に言わないもんねー、そーゆー話って」などと無茶なことを言い出しました(笑)。すると、HFJさんさんが具体例を挙げるような感じで話に火を付けて、ボクがそれに当てはまる話をすると、お二人が大爆笑(笑)。
まー、中学2年生レベルの会話です、悪ガキ達が体育館裏で、あーだこーだと話している感じです(^^ゞ
昼間は道なき大海原をがんばって漕いで、夜は満天の星空の下で波の音を聴きながらグラスを傾けつつ、地元食材のご飯を食べる・・・。
そこに、こうした楽しい会話が加わると至福の時となるなー、なんて思いました。

(続く)