OCEAN & SKY

OCEAN & SKY(オーシャンアンドスカイ)は三浦半島を中心にシーカヤックツアーを実施しております。

TEL.080-5052-1499

〒238-0112 神奈川県三浦市初声町三戸1113-2

平日漕ぎで「思い」を達成♪

平日漕ぎで「思い」を達成♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月10日(火)

子供の頃、近所の裏山や少し遠くに見える場所に興味を持ち「あの山の中ってどんな感じなんだろう?」「あの向こう側はどうなっているんだろう?」と思い立ち、近所の悪ガキを誘い「探検」と称してワクワクしながら出かけたことのある人は多いはずです。シーカヤックを始めたばかりの頃、そんな気持ちを思い出させられました。
「あの岬を越えると、どんな景色が見えるのだろうか?」
「いつも道路から見るこの海、シーカヤックの上から見る景色ってどんなだろうか?」
と、興味をそそられ、何度もシーカヤックで漕ぎ出しました。すると、色々な発見などもあり、病み付きになって行ってしまったのは言うまでもない。
さらに漕げるようになると、例えばA地点からB地点まで漕ぎ終えたら、その先のC地点まで漕いでみたい、という思いに駆られます。
そんな思いを抱き、有休を取得して現れたのが、常連さんのSさん☆
Sさんの思いは、自宅の逗子まで漕いでみたい、とのことでした。
Sさんはセルフレスキューもこなせる技量も持ち合わせていらっしゃいますし、お一人様ということもありリクエストに応じられました。
これまでのルートは、北は荒崎まで漕いでいます。その先の言うなれば未開の地、いや未開の海とでも申しましょうか、ご案内することとなりました。
そんなSさんを海も大歓迎するかのごとく、ベタ凪☆
おっと、いつものSさんの三脚カメラセットをボクのカヤックに装着。
P6100001
荒崎に到着し、どんどん引きに入ろうとしたが、
P6100009
潮が引き過ぎていて入れず。
荒崎を回り込むと小田和湾が口を広げているような景色が目に入る。
P6100014
Sさん「お~、こうなっているんですね~!?葉山の長者ヶ崎も見えますね」と声を上げる(笑)。
そして笠島付近に到着し、
P6100015
ひと休みして再び出発。
秋谷を過ぎ、「かながわ景勝50選」の立石公園を海の上から眺める。
P6100018
が、ここは公園から眺める方が良いと感じた。海の上、シーカヤックからは、何かこう「のっぺり」して見える(笑)。
その後、久留和を過ぎ、長者ヶ崎に到着。
P6100023
Sさん、「いやー、葉山まで来ちゃいましたね~(笑)」と、満面に笑みを浮かべる。
この頃になると、太陽が照りつけて来た。
この日のランチは沖縄そば☆
NCM_0954
暑いときに熱いものを食べるのも悪くない。
食べ終えると、逗子を目指すべく漕ぎ出した。
名島や
P6100037
裕次郎灯台を
P6100039
間近で眺め、
いよいよSさんのお住まいの逗子へ。
そのシンボル的存在の昔はデ〇ーズ、今は「渚橋珈琲」を通過。
P6100047
そのまま田越川を上がる。
「お~、こうなっているんですね~、ここも漕いで上がってみたかったんですよー(笑)」と声を上げる。
P6100052
逗子海岸で感慨深くひと休みをしたあとは、予めボクのクルマを停めておいた森戸海岸へ引き返し、終了~♪
P6100064
Sさん、お疲れ様です!
次回は、毘沙門や三浦海岸方面を漕ぎましょうか?それとも濡れ系練習(笑)?
「平日漕ぎ割引」をご利用いただきまして、ありがとうございます!
有休取った甲斐がありましたねー(笑)。
またのお越しをお待ちしていま~す!
今日も良い1日でした~♪

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です