OCEAN & SKY

OCEAN & SKY(オーシャンアンドスカイ)は三浦半島を中心にシーカヤックツアーを実施しております。

TEL.080-5052-1499

〒238-0112 神奈川県三浦市初声町三戸1113-2

12月

都会の海だなー(^^ゞ

12月7日(金)

今日はお昼から西よりの風が強まるとの予報でしたので、クルマにシーカヤックを載せて東京湾側へ移動し、燈明堂へ。
お越しいただいたのは、けんじさーん♪
けんじさんにもご協力いただき、ボクのクルマを観音崎にデポして、燈明堂に戻りました。
けんじさん、浦賀(燈明堂)や観音崎付近を漕ぐのは、初めてだとか・・・(^^ゞ
「初めて出艇するところってワクワクしますよねー(笑)」
「東京湾側だと、デカい船いっぱいですねー」
などと言いながら、

漕ぎ出しました。
嵐の前の静けさなのでしょうか、凪いでいます(^^ゞ

さらに、追い潮だったからか、対岸の鴨居港と多々良浜の真ん中くらいの浜にあっという間に到着。
すぐそばに見える房総半島を眺めていると、デカい船が航行して行きます。

どうやら自衛隊の船のようです。
その後、岸ベタを漕いでいると、

朽ち果てた建造物が現れました。
「いつの時代のモノなんですかねー」
「ちょっと調べる必要がありますよねー」

それにしても、画になりますねー♪

観音崎の灯台や海上保安庁の管制塔を

眺めながら漕ぎ進み、走水へ。
こちらは京急ホテルのグランピング。

到着。
今日のランチは、「かねよ食堂」さんへ。
余談ですが、ウチのツアーを手伝ってくれて、このあたりが地元のO塚アニキに言わせると、不敵な笑みを浮かべながら「(かねよ食堂は)上品なマダムが集うお店」とのこと(笑)。
だから来たというわけではないけど、この画像の正面にあり、

海からのアプローチが良い(^^ゞ
けんじさんはタイカレー、ボクはマサラカレーをオーダーしました♪

「ん~、美味しい!」
「上品な味だー!」
と舌鼓を打ちつつ店内を見渡すと、確かに女性客ばかりだった(笑)。
さらに、けんじさんと、あーだこーだとしゃべっていると、店内がだいぶ混んで来たので、会計を済ませて海へ。
のんびりしていたかったけど、予報通りイヤな風が吹いて来たので、観音崎へ。

対岸の房総半島を見ながら漕いでいると、
「ここから房総半島って、漕いで渡ってみたいですよねー」
「〇〇と△△ってどのくらいに距離があるんですか?」
「今度、☐☐を漕いでみたいんですよ」
などと、けんじさんの長距離パドリング夢を聞かせていただきました(^^ゞ
平日はリクエストに応じやすいですので、ぜひご一報を・・・。
今日も良い1日でした♪

2018年最後(?)のキャンプツーリング♪ ~その2~

(前回の続き)
12月2日(日)

一晩中、北寄りの風がテントを揺らし続けていて、起床時には多少おさまったものの、予報をチェックすると、お昼前くらいまでは北東の風が7メートル前後の予報なので、出艇時刻はゆっくりで十分。
問題は目的地。
車をデポした三浦海岸側の南下浦にするか、三戸浜に戻るか。
そんなことを考えながら朝ごはんを作っていると、みなさんテントから起きて来ました(^^ゞ

「どんより曇っているねー」
「ちょっと寒いですねー」
「コーヒー、入っていますのでどうぞ」
「あれ?今朝は音楽ないの?」
ちなみに朝ごはんは、昨日たっぷり作ったスープと、さらにその残ったスープをパエリアにかけてリゾットにして平らげました(^^ゞ
本日のブリーフィング。
お昼くらいまで北寄りの風が吹き続けるため、東京湾側はモロ向かい風なので三戸浜へ。
出発も少し遅らせましょう。
出発を遅らせれば、当然三戸浜に到着時間もお昼過ぎになり、おなかも減ります(^^ゞ
せっかく宮川にいるので、話題の「宮川ベーグル」さんへ

ランチを買いに行きました。

買って来たベーグルや荷物をハッチに詰み込み、しゅっぱーつ!


出だしは読み通り後方からの追い風。

ルンルン気分で安房埼を回り込み、

赤羽根海岸を通過。

すると、向かい風が吹き始めました(^^ゞ
長津呂あたりに差し掛かると、どなたかが「ドM漕ぎ?」って言うくらいの向かい風になりました。
諸磯の堤防付近から、いつもの白灯台・キツネ浜の沖合は、北寄りの風を受けて至る所で白波だらけでした(^^ゞ
無事、いつもの諸磯に到着し、上陸。

ランチ休憩です♪
買っておいた宮川ベーグルに噛り付きました(^^ゞ

やはり上品なお味です♪
コーヒーを飲み干し、さー三戸浜まで残りわずか。
漕ぎ出すと、

やはり向かい風が・・・(^^ゞ

でも、

みなさんの向かい風に抗いながら漕ぐ姿が、なんか絵になるなー、なーんて思いながら漕いでおりました(笑)。
カヤック経験がまだ浅いりゅうさんもヘロヘロになりながら、到着!

みなさん、お疲れ様でーす♪
そして、ご参加いただきましてありがとうございます✨
かつさん&ちかさん、年明け早々にお電話して以来だったし、
色々なお話を伺うことも出来て、とっても良かったです。
NAVYさん、キャンプツーリングにハマりつつありますねー(笑)。
そろそろツーリングテント買っちゃったりして(笑)!?
りゅうさん、初めての外海、初めてのキャンプツーリングはいかがでしたか?これからもいっぱい漕ぎましょうね。
今回も良い2日間でした♪

BY 都会のカヤックガイド(命名者・かつさん、笑)

追伸:シーカヤック漕いだことはあるけど、キャンプツーリングしたことがなくて、このブログをご覧いただいて参加した気分になっている方、それも悪くないんですが、この手の遊びは参加してこそです(^^ゞ
土日2日間、大海原と向かい合って過ごすと、休み明けの出勤風景が少し違って見えると思います。
2名様から受付可能ですので、カヤック漕いだことのあるお仲間を誘って、ぜひご参加ください。
お一人様でも対応しますが、料金が若干加算されます。詳しくはお問い合わせ下さい。
HPのスケジュールが「キャンプツーリング」ではなく「1DAYツアー」になっていても、1週間前くらいに御連絡をいただければ開催可能です。モチロン平日も開催可能です。なんなりとご相談くださいませー。
みなさまのお越しをお待ちしています!

2018年最後(?)のキャンプツーリング♪ ~その1~

12月1日(土)

2018年、最後のキャンプツーリングです(^^ゞ
お越しいただいたのは、かつさん&ちかさん夫妻、りゅうさん、NAVYさん。
予報では土曜日は西風が吹くとのことでしたが、ボク達に味方してくれたようで凪いでいました♪
シーカヤックの「ハッチ」と呼ばれる荷物室に、各自テントや寝袋、着替え、食器類、そしてボクの方で用意した食材、飲み物(アルコール類含む)などを分担して詰み込み、さー出発です!

漕ぎ出すと、

天気が良過ぎるからか、パドリングジャケットはサウナスーツかと思うくらい大汗(^^ゞ
透明度も高いからか、りゅうさんは「あー、潜りたい!」などと仰っていました(笑)。

諸磯を通過し、

城ヶ島へ。

イヤらしい波を交わしながら、いつもの「馬の背」手前で休憩。

おにぎりなどを頬張っていると、観光客から「どこまで漕いで行くの?」「ひっくり返ったりしない?」「画像撮らせて」などと、質問攻めに遭いました(^^ゞ
ルートの確認をし、リスタート。
本日の目的地はいつもより少し近場の宮川。
予報では、夕方から北東の風がかなり強く吹くとのことでしたし、それに伴う万一のことなどを考慮に入れました。
「じゃあ残りはすぐ?」
「隠れた浅瀬があるのと、城ヶ島の東側・安房埼は気を付けましょう」

風は吹かなさそうでしたが、やはり時々うねりが入っていました。

安房埼を通過し、そこそこのうねりの中を漕いで到着。

テントを設営し終えると、
「かんぱ~い!」

かつさんは待ちきれずフライングしていました(笑)。
最近、めっきり酒量が減ったボクも、この瞬間だけはグビグビグビ~って飲み干しちゃいました(^^ゞ
今回はいつもオリオンビールではなく、艇庫会員で四国へ転勤になったKaitenMaruさんの差し入れで乾杯しました(^^ゞ
ご飯を作っていると、陽も沈み始めて、良い感じの夕焼けでした。
夕ご飯は、いつものパエリアに金目鯛をのせてみました(^^ゞ

あと、高宮家秘伝(?)のポトフとミネストローネの中間スープ(^^ゞ
(画像を撮り損ねた、泣)
北東の風が抜け始めたので、温かさが身体中伝わります。

思い思いに過ごしていると、なんか音楽が聴きたくなって来たので、ボクのガラケーからJBLスピーカーにBluetoothで飛ばして和洋折衷の音楽を流し始めました。
曲目は色々。
ブルーハーツ、佐野元春、バリー・ホワイト、中村雅俊、EPO、アル・グリーン、ビーチボーイズ、中村あゆみ、マーヴィン・ゲイ、ビージーズ、浜田省吾、などなど・・・(^^ゞ
さすがに、
「たろーちゃん、この選曲読めないよ!」
「古いのもあれば新しいのもある!」
と盛り上がっているのか、単に驚いているのかよくわかりませんが、かつさんが「〇〇〇〇はないの?」と尋ねられました(^^ゞ
ただ、そのお名前の歌手の方が、古いのか新しいのかもわからない(笑)。
すると、「じゃあハリー・べラフォンテは?」と言われたので、
「入っていませんけど、確か『We are the world』に出演していましたよねー?」とボクが言うと、みんな「誰それ!?」との反応でした(笑)。

全ての曲がひと回りすると、NAVYさんがりゅうさんが持って来た充電器で復活させたご自身のiPhoneのアプリでナットキングコールをかけ始めました。
「オレ、好きなんだよねー」
「お~、いいねー!」
「海と焚き火に合う!」
「心地良い!」
などとさらに盛り上がり始めました(^^ゞ
調子に乗って「じゃあこれは?」とアーティストを変えちゃいました(笑)。
「あ~、(アーティスト)変えちゃった~!!!!」
「なんで変えちゃうの!?」
「ってか、人の充電で復活させて、またあれこれイジってバッテリー使っちゃってるじゃん!」
とボクが突っ込み、NAVYさん苦笑い(^^ゞ
また、かつさんが
「映画トップ・ガンの歌、なんつったっけ?」
「えーっと、ほら・・・、あれ・・・」
「確か、えーーっと」
「曲は分かるんだよ!でも、タイトルが思い出せない!」
みんなトシなのかパッと浮かばない(笑)。
そうこうしていると、NAVYさんが見つけてくれたときがこの動画(^^ゞ


みんな楽しそうですよねー(笑)
昼はシーカヤック、夜は焚き火と音楽と他愛もない話がイチバンです♪

(続く)