OCEAN & SKY

OCEAN & SKY(オーシャンアンドスカイ)は三浦半島を中心にシーカヤックツアーを実施しております。

TEL.080-5052-1499

〒238-0112 神奈川県三浦市初声町三戸1113-2

シーカヤック

潜ってみました♪

6月23日(金)

天気が良いのにツアーがないショップは何をしているか(笑)?
先週は花壇づくりに汗をかいていました(^^ゞ

さー、ここに何を植えるか楽しみにしていてくださいねー。
で、今日は・・・、ん、ってか、今日もヒマなのかーって悲しくなりますが、
海の中へGO!!!!

ランチ休憩で上陸する諸磯付近を潜ってみました☆
海パンに長袖ラッシュガードです。
カラフルな魚はいるかなー?と思いながら潜っていましたが、なかなか見つかりません。
そうこうするうちに冷えて来ました~(^^ゞ
少しポイントを変えて、
岸から30メートルくらい、水深2~3メートルくらいのところでようやくスズメダイを見つけられました♪

気づいたら2匹いました☆

これからもっと数は増えて来ますので、
お越しになる際はシュノーケルのマスクとかも忘れずにお待ちくださいね~♪

海中行軍(笑)?

6月18日(日)

今日はレスキューなどの講習会。
当然、海の中に落ちることを前提とした内容ですが、ご覧のような天気・・・(^^ゞ

口々に、
「たろーさん、ホント今日やるんですか!?」
「あっ、今、北風が抜けて行きましたよ!」
「雪中行軍ならぬ『海中行軍』だ!?」
と、しり込みする方々続出・・・(笑)。
そんな光景を、北風よりも強くて寒いボクの冗談で吹き飛ばして開始しちゃいました(^^ゞ

一旦、海に浸かっちゃえばこっちのもの。


何度も何度も海に落ちてもらいました(^^ゞ

12時の鐘が鳴る頃、北風が鳴る頃には風がさらに強まったので、撤収。
三戸浜へ戻り、片づけを済ませてシャワーを浴びてから三浦市内の某所に移動し、意見交換会。
なかなかハードな1日だったと思います(^^ゞ
またタイミングを見て実施したいと思います。
参加して頂いたみなさん、お疲れ様でした♪

海良し!眺め良し!

6月12日(月)

「1か月、間が空いちゃいましたけど、(ツアー)よろしくお願いします」と言っていらっしゃったのは、
4月にお越しいただいてシーカヤックデビューを果たしたこんちゃん改めガクさん。
前回同様、今日も三崎口駅から三戸浜まで歩いていらっしゃいました(笑)。
ボクが「迎えに行きますよ」と言っても、
「見晴らしの良い景色を眺めながら歩いてくるのは気持ちが良い」そうです。
ってなわけで今日も始まりましたが、

まずは「黒崎の鼻」へ。

到着後、少し陸を登るとご覧のような見晴らしの良い景色が広がっています☆

北東の風が止んだので、長浜(なはま)を越えて、荒崎手前の無人の浜へ到着。

ランチの沖縄そばを作って食べていると、ご覧のように晴れて来ました♪

おぉー、これまた良い眺めですねー。
せっかくなので荒崎まで行きましょうか、と漕ぎ出したものの、

漁師さん達が荒崎付近で潜り漁の真っ最中でしたので、遠慮して岸づたいに南下をし始めました。
ガクさん、透明度抜群の海に目を奪われています(^^ゞ

朝のうち曇っていましたが晴れて来て、さらに海のコンディションは良い♪
言うことないですねー(^^ゞ
往路で通った黒崎に差し掛かると、草木の緑と空の青さとシーカヤックのオレンジがいい感じです☆彡

そんな景色に、ガクさんもボクも「漕いでいて気持ちが良い!」を連発(笑)。

もう少し漕ぎたそうにしていましたので、三戸浜を通り越してえびか浜へ。

今日はいつまでも穏やかな海が広がっていました。
ガクさん、今日はありがとうございます。
またぜひいらしてくださいねー、お待ちしています!
今日も良い1日でした♪

梅雨時って漕ぐにはサイコー

6月11日(日)

さー、6月=梅雨ということで、
「梅雨時はシーカヤック出来ないんでしょ?」
「雨だと中止でしょ?」
とお思いの方、大きな誤りですよ(笑)。
シーカヤックするには、ある意味では「ベストシーズン」と言えるでしょう。
なぜなら、海のコンディションが最も良い時期だからです。
もう少し具体的に言うと、梅雨時は波や風に翻弄されることも少なく、海が穏やかな時が多いのです。
シーカヤックで漕ぎ出すには最高の時期です。
確かに、曇っていたり、雨が降っていると、気分が乗らなかったりします。
が、シーカヤックするときは海の中に入るので、雨が降っていなくても濡れますし、
晴れていると日焼けや体力の消耗も心配です。
雨天でのランチの時はタープを張りますので、ずぶ濡れの中ご飯を食べることもございませんので、ご安心ください。
今日お越しいただいたのは、たつろーさん、ぼーずさん、のぼるさん&けーこさん♪
ぼーずさんは、一昨年いらしたときに「ベストシーズンはいつですか?」尋ねられたので、上記のように回答しました。
半信半疑で昨年の梅雨時にいらしたときに、ボクが言ってたことが間違っていない、と思ったそうです(^^ゞ
そんなわけで漕ぎ出しましたが、

やはりベタ凪です☆


ランチ休憩で諸磯に上陸して沖縄そばを食べているときも、ご覧の通り。

復路で、

小網代に立ち寄って戻って来ても、

ずーーーとベタ凪でした。

シーカヤックにご興味のある方、お越しになるのなら今ですよ、今(^^ゞ
ボクが言うと、どーも胡散臭く感じられるようですが、ホントです(笑)。
たつろーさん、今日は久しぶりにお会いできて良かったです♪
ぼーずさん、また「悪魔のささやき」を聞きにいらしてくださいね(笑)。
のぼるさん&けーこさん、日焼け&筋肉痛は大丈夫ですかー?またぜひいらしてくださいねー(^^ゞ
今日も良い1日でした♪

侮っちゃいけないです、三浦半島♪

6月4日(日)

浜にカヤックを運び終えて、デジカメにSDカードを入れて、セット完了!
と思いきや、デジカメに電源が入らずおかしい・・・(^^ゞ
漕いでいるときはもちろん、シュノーケリングやロール講習などでも大活躍のボクのデジカメ。
どうやら、逝ってしまったようです(^^ゞ
もちろん、今日のお客様ヨネさん、カズさん&ゆーこさんは知る由もなくお越しになりました。
そんなわけで、今日のツアー画像はスマホ&ガラケーを屈指してのツアー(^^ゞ

今日は午後から風が上がる可能性があったので、30分ほど早めてスタートとなりました。

スズメ島を回り込むと、海の中がご覧のように透明度抜群でした☆
ここは南の島でもない、都心からすぐの三浦半島です(^^ゞ

さらに、荒井浜の沖合もご覧の通り✨

諸磯の福祉センターの方まで行ってみました。

こうやって見ると、真夏のような画像ですね(^^ゞ
一旦休憩したあと、いつもの諸磯のキツネ浜へ。
夏日のような陽射しが降り注いでいました☀

ランチの沖縄そばを食べて、のんびり過ごしました♪
気になる復路は、白波が立ち始める寸前のところで三戸浜に到着。
カズさん、ゆーこさん、今日はFRP製のカヤックに乗りましたが、いかがでしたかー?
とーーってもマッチしていましたよー(^^ゞ
ヨネさんは350mlの缶ビール2本で打ち止め(笑)。
今日も良い1日でした♪

夢は大きく・・・(^^ゞ

5月30日(火)

今日は3週間前にいらした賢二さんがお越しになりました。
前回、息子さん達に労わられたのが癪だったようですが、果たして今日はいかに・・・(笑)?
賢二さん、マイパドルのグリーンランドパドルを持って来られていました。
今日は午後から風が上がるそうなので、サクッと行きましょう♪

賢二さん「日曜日は賑やかな感じでしたねー、ブログ拝見しましたよ」
ボク「あはっ、ウチもかなり賑やかでしたけど、海の上もシーカヤックやSUP、ヨットなどで賑わっていましたよ」
なんて話をしていると、そうだ!今日は平日、火曜日です(^^ゞ
土日とは打って変わって平日の海の上は、とーーっても静かです!
さー、みなさーーん、いつもの雄叫びを行きましょう(笑)!
大海原貸切状態!!!!

平日は海の上がとっても静かなんですよ♪
しかもオーシャンアンドスカイの1DAYツアーは土日が11.000円ですが、平日は9.500円とお得です(^^ゞ
なんだかんだと、油壷湾へ。

こちらもとっても静かです。

その後、諸磯へ行き、ランチタイム☆

諸磯もご覧のようにひっそりとしていて、プライベートビーチのようです。
沖縄そばを食べながら、賢二さんと話していると、賢二さんは冒険をしたいそうで、大いに盛り上がりました(^^ゞ
食べ終えてそろそろ風が上がってくる頃でしたが、

まだ微風だったので岩礁地帯へ漕ぎ出しました。

浅瀬の為、うねりが発生し、シーカヤックに乗った賢二さんが見えなくなるような感じになりましたが、

歓声をあげて楽しみました♪
三戸浜へもスイスイ漕いで到着。

到着した途端、風が抜け始めました(^^ゞ
賢二さん、お疲れ様です!
ボクのラサが、賢二さんにマッチして「賢二さんのラサ」のように見えましたよー(笑)。
またぜひいらしてくださいねー。
あっ、大志さん・光生さんにもよろしくお伝えください(^^ゞ
今日も良い1日でした♪

元気な職場がイチバン♪

5月28日(日)

昔から自己紹介で自分の名前「高宮太郎です!」と言うと、
「もしかして弟さんがいたりして!?」
「で、弟さんの名前は『じろー』だったりして!?」
「それってネタじゃない!?」
なんて言われます(^^ゞ
いえ、ネタじゃなくて本当に弟は次郎と申します(笑)。
今日は言うなれば、「次郎プレゼンツ」とでも言いましょうか、
弟が勤める世界に名だたる超大手ファーストフードチェーンの職場のみなさんを連れて来てくれました(^^ゞ
実は、弟の職場のみなさんにお会いできるのをとっても楽しみにしていました。
ややもすれば、
「(ボクと違ってシュッとした体形だけど)不健康な顔表情」
「(ボク以上に)天邪鬼」
「(ボクとは対照的に)目が恐い」
弟が、
「丁寧な対応」で「元気」と「笑顔」がトレードマークのあの会社で(ボクの主観ですが)、どんな感じで過ごしているんだろう?って気になっていました。
それ以上に、そんな会社に勤めている人ってどんな感じなんだろう?とも思っていました。
かくしてツアーが始まりましたが、

ピューッと漕ぎ出しちゃって、

今日のような青空が似合うし、

大海原も似合う方々でした✨

は、は、はやい(^^ゞ

でも「笑い」もしっかりあるし、

言うことなしじゃん(笑)。
なんだか今日は、

いつも以上にすごいなー(^^ゞ
あっという間に小網代の森へ。

どなたかが、「こんなところがあるんですねー」と驚いた様子で仰っていました。
海とは思えませんよねー。
では、筏を組むような感じで恒例の記念写真☆
はい、ポーズ♪

写真嫌いな弟はフレーム外(^^ゞ
元来たルートを

辿るように

「えびか浜」へ。
途中、海が透き通っている箇所がありました☆彡

到着後、

そんな海の中を楽しみたいという感じで、シュノーケルをする方もいらっしゃいました。
これからの時期、海の中もおススメです(こちらこちらをご覧ください)。
いつもだとランチ休憩となりますが、
今日は弟からのリクエストで、ランチを摂らず三戸浜へ。
それにしても今日は、いえ今日も、と言うべきでしょうか、

夏日です(^^ゞ

話が途中になってしまいましたが、今日は試験的にツアーは半日で切り上げてクラブハウスに戻りBBQ♪
BBQからの参加者も加わり、声高々に「かんぱ~い!」
しかーし、不覚にも立ち会えず画像を撮れなくて申し訳ないです(^^ゞ
実はこのとき、ボクとツアーサポートの大塚アニキは、農協売店の自販機前の道端で胡坐をかいて、
缶コーヒーとコーラで「かんぱい」していました(笑)。
じろークンご一行の宴は、陽が沈むころまで繰り広げられていました。
みなさんの楽しんでいる様子は、見ていてとっても気持ちが良いものでした(^^ゞ
また、チームワークがとっても良い(笑)!
宴が終わり、三崎口駅までお送りしている車中で、どなたかが「これだけ楽しんじゃって明日から『会社復帰』出来るかなー?」と仰っていました。いつも仕事や家庭に追われているんです、こんなご褒美があっても罰は当たりませんよ(^^ゞ 良い仕事をする上でも、海遊びをして心と身体のチューンアップは必要です。またお会いできるのを楽しみにしています。
今日も良い1日でした♪

夏日だよ~、全員集合♪

5月21日(日)

今日も賑やかな1日でした(^^ゞ
お越しいただいたのは、真俊さん、将毅さん、恒太さん、勇太さん、嘉生さん、麻衣さん、勇太さん♪
サポートに毎度おなじみアニキ大塚(^^ゞ

今日も真夏を彷彿させる青空の下、

漕ぎ出しました☆彡

が、ん?
思ったよりうねりがある・・・?

少々手を焼きましたが、

小網代湾へ。

マリーナを抜けると、干潟で緑豊かな小網代の森に到着。

どなたかが、「なんか湖みたいですね~」と仰っていました。
確かに「今、〇〇県の△△△湖を漕いでいます!」と言っても、聞いた人は信じてしまうような不思議な場所です。
およそみなさんがご存知の三浦半島とは思えない景色ですねー。
では、そんな緑豊かな森をバックに集合写真を撮りましょう♪
シーカヤックに乗った状態で近づいて筏のように組むのは意外と難しかったりするんですが、
お~、あっさり完了(^^ゞ

お見事です!
では、元来たルートを辿りつつ、小網代湾を横切り、湾の外へ出て、

油壺・荒井浜へ。
みなさん、チームワークがとっても良く、湾を横断するときも早い早い(^^ゞ
なんかいいなー(笑)。
荒井浜へ到着し、ランチタイム。
今日はわけあり(?)のため金目鯛の炊き込みご飯に、イワシのつみれ汁。

お昼寝をした後は、身支度を整えたら、

三戸浜へ。

追い風、

追い波の中、

みなさん上手に漕いで、

到着♪

クラブハウスに戻り、あーだこーだとしゃべっていると、
みなさんほぼ全員同じ職場だそうでした。
しかも、20年弱サラリーマンをしていたボクにとって、
すごーーーくお世話になった会社にお勤めだったことが発覚(^^ゞ
さらに、大塚さんにとっても取引先のようでした(笑)。
そんなわけで、とっても大いに盛り上がりました(^^ゞ
今日も良い1日でした♪

追伸:真俊さん、恒太さん、将毅さん、お気をつけて楽しんで来てくださいねー。

やっぱりイイね、久々の南伊豆・子浦 (その2)

(続き)

相模湾をぐるっと回るように車を走らせて伊豆半島の南端・石廊崎を越えて、
駿河湾側の南伊豆町子浦へ到着。
いやー、久しぶりだなぁ。
さーて、石田さんはまだかなー、と思えど、なかなか現れない・・・(^^ゞ

カヤックを浜に運んで準備し終えた1時間後に、「いやー、悪い悪い」と言いつつ、到着(笑)。
なんだかんだと着替えや準備をしていると、
石田さん「たろーさん、悪い。お願いがあるんだけど・・・」
ボク「(イヤな予感)どーしたんですかー?」
石田さん「パドル、予備ある?」
ボク「えっ?あるけど、予備パはワーナーの(通称)ニコちゃんパドルですよ」
石田さん「この前、車検で車の中の荷物を整理したまんまで、家にパドルを置いて来ちゃった
ボク「えー!?」
石田さん「じゃあニコちゃん貸して・・・」
ボク「いやいや、ニコちゃんだと身長が高くて手が長い石田さんよりボクの方がいいでしょ?石田さん、カリスタ使って」
ってなハプニングがあり、しまらないスタートとなりました(笑)。
でも、久しぶりの子浦でハイテンション(^^ゞ

やっぱり子浦はいいですねー。

シーカヤックから見る景色が湾の中でも不思議な模様や形をした地層とかがあり、


目を奪われます。
さらに口を開けたような洞窟があったりして、変化に富んでいます。


湾の外へ出ると、時折大きな魚と思しきナブラが立ちました。
ボク「なんでしょうねー」
石田さん「シイラかなー」
やがて、谷川から吉田方向へ南下し始めたとき、広範囲にわたり、あちらこちらでナブラが立ち始めました(^^ゞ
その数、半端じゃない!

海の中を見ると、大きな魚が小魚を食べたと思われる鱗でキラキラと輝いています。
ボクも石田さんもこのあたりを数えきれないくらい漕いでいますが、こんな光景見たことがない!


ボク「なんか気味が悪い!」
石田さん「ワラサか鰤(ぶり)だ!」
渡船で来て、磯釣りをしていた男性も慌ててルアーにしてナブラが立っているところに放り込むと、見事にヒット(^^ゞ

「で、でかい!」
「鰤(ぶり)だ!」
と素っ頓狂な声を上げていました(笑、多分ワラサのようでした)。
フィッシングカヤッカーのみなさん、今日子浦に来れば爆釣だったのにー(笑)。
ボク達はそんな様子を目を丸くしていました。
さてさて、気を取り直してリスタート。
ここから先は、カメラで撮るのにアングルに悩む雄大な景色が続きます。

手つかずの自然がそのまま残っています。
このあたりを漕ぐには、外洋に面していて、潮の流れもあり、厳しいエリアではあるので、
三浦で練習して伊豆に挑む・・・、って感じがいいかもしれませんねー。

そんな話をしながら漕いでいると、吉田の無人の浜へ到着し、ランチタイム。
いつもの沖縄そばと、石田さんが買って来てくれたおにぎりがマッチして美味い(^^ゞ

昔話に花が咲きました。
帰りもアーチ状のトンネルをくぐったり、

カメラにおさめることは出来なかったウミガメに遭遇して歓声をあげたりしつつ、
大海原を感じながら、

子浦へ。
あらためて子浦の良さ、南伊豆の良さを感じた1日となりました。
そんな子浦でのツアーを7月1日(土)と7月2日(日)に実施します!
平日がお休みの方向けにも、この前後の6月30日(金)もしくは7月3日(月)も検討しております(^^ゞ
基本的には現地集合現地解散ですが、サウスウインドさんのご好意で所有しているクラブハウスをお借りしましたので、着替えのスペースやシャワーは確保しました。ご安心ください(^^ゞ
石田さん、今回はありがとうございます♪
去年の9月にリニューアルして以来、居心地が良くて引きこもりのような感じでした(^^ゞ
さらに、庭の整地やDIY作業に精を出す日々が続いていたので、リフレッシュできました(笑)。
また行きましょう!
今日も良い1日でした♪

やっぱりイイね、久々の南伊豆・子浦 (その1)

5月17日(水)

先週の木曜日、横浜にある取引先のサウスウインドの石田社長から珍しく電話がかかって来ました。
石田社長(以下、石田さん)「GWも終わったし、来週の水曜日あたり(南伊豆町)子浦に行こうよ」
ボク「えっ????」
石田さん「そんな三戸浜に引きこもっていないで、行こうよ」
ボク「な、なに急に言い出すの!?」
石田さん「伊豆ツアー開催しちゃえばいいじゃん」
ボク「いやいや、急すぎるし・・・(^^ゞ」
石田さん「とりあえず募集かけるだけかけてみたらいいじゃん」
ボク「・・・(コトバが出ず)」
石田さん「集まんなかったらそのときに考えるとして、とりあえず行こう」
かくして、募集をかけることとなりました(^^ゞ

そして、前日の火曜日また電話がかかって来ました。
石田さん「わりー、カヤック用意してくれる?」
ボク「売るほどあるじゃないですかー!?」
石田さん「まー、そう言わずに・・・。お客さん集まったー?」
ボク「集まりませんよ!」
石田さん「じゃあオレの分のカヤックも車載できるね?」
ボク「シャチョー、アンタ何屋さん????」
というわけで、石田さんの分のカヤックを用意して、昔のように二人で漕ぐことになりました(^^ゞ
とほほ・・・(笑)。

なんだかんだと石田さんに悪態をつきながらも、
久しぶりの南伊豆なので、準備をしているだけでも楽しい♪
あっ、よく事情がお分かりでない方に簡単に説明を・・・(^^ゞ
サウスウインドさんは横浜の赤レンガ倉庫に向かう途中にあるシーカヤック専門店です。
遡ること15年前、ボクは京浜東北線山手駅近くに住んでいました。
ある日、自転車でぶらぶらしていたときに、他の場所から移転して来たばかりのサウスウインドさんに出くわしました。
当HPの「スタッフ紹介」のページに書いてあるように、
サラリーマンをしていたボクは、サイパンへ会社の社員旅行で行ったときにシーカヤックに出会いました。
そのときは、「(シーカヤックは)海外でしかできないアクティビティなんだろうなー」と思い込んでいました。
なので、「自宅近くにシーカヤックを売っているお店があるなんて・・・!?」と絶句してソッコーで買ってしまいました。
以来、石田さんと「海」だけでなく「夜の街」にも「パドリング」するようになりました(笑)。
ボクがサラリーマンを辞めて開業してからもその間柄は変わらず、
色々と相談に乗ってもらったり、気を遣ってもらったり・・・。
と書くと、シーカヤック業界、もしくはシーカヤッカーの間で、
「師事」「子弟」「ボス」などと言った言葉を聞かれますが、
若輩ながら言わせていただくと、これらの表現は違和感がある。
単なる元お客さんとカヤックショップの社長さん(笑)。
自然な間柄ですね。
ってなわけで、石田さんのカヤックも積み込み、南伊豆・子浦へ向けてしゅっぱーつ!

(続く)